診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
院長あいさつ 総長あいさつ 名誉院長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 病院概要 臨床指標 JCI認証 DPC 病院情報の公表
臨床研修医・専攻医 薬剤師 看護師 PT/OT 臨床検査技師 臨床工学技士 診療放射線技師 歯科衛生士 栄養科厨房補助員 事務員(中途) ボランティア
main image
HOME > 診療科のご案内 > 眼科 > 主な疾患と治療方法

主な疾患と治療法

白内障

眼のレンズの役割を果たす水晶体が濁って、ものが霞んだり、二重に見えたりする疾患です。医療体制が整備されている日本では治療さえしていれば失明の危険性はほとんどありませんが、世界では未だ失明原因のトップ。加齢による発症が大半で、年齢とともに発症率は増加します。水晶体の濁りは、今のところ薬剤で治すことができないため、手術で水晶体を取り除く治療法が一般的です。

CENTURION® VISION SYSTEM

YAGレーザー

光学式眼軸長測定装置

白内障の手術に必要な眼軸長(眼の長さ)や角膜の丸みや前房深度、水晶体厚みなど多くの部分の測定を目に触れることなく一度に測定します。

緑内障

視神経の障害によって、眼が写した情報をうまく脳に伝達できない疾患です。障害した神経が担当していた箇所が見えなくなる視野欠損が典型的な症状ですが、片方の目が見えにくくても、もう片方で視野を補ってしまうため、症状に気づきにくく、日本人の失明原因の第1位になっています。一度失われた部分の視野は二度と回復しないため、早期に治療を開始し、神経の減少を食い止めることが大切です。加齢とともに発症率が高まりますので、40歳以上の方は定期的な検診をお勧めします。

緑内障にはいくつか種類があり、まだ完全には解明されていませんが、発症、増悪原因のひとつに眼圧の高さがあると言われています。房水(目の内側にある水)が排水されず、眼の中に溜まると眼圧が上がることから、眼圧検査に加え、隅角(目の中の水分を排水する場所)の閉塞の有無を確認したり、眼底の視神経や細胞の厚みを確認したりして、早期発見に努めます。当院では、短時間で侵襲なしに網膜神経が子細に観察できる3次元眼底像撮影(SS-OCT&アンギオ)装置、隅角の観察・評価が瞬時に可能な前眼部3次元画像解析装置(前眼部OCT)などを導入、緑内障の早期発見や経過の確認に用いています

治療法

緑内障は、眼圧を下げると進行が遅くなることが知られています。眼圧を下げる効果が期待できる点眼薬がありますので、第一選択は薬物療法になります。点眼薬の効果が不十分な場合は、レーザーで隅角を照射したり、隅角を細い糸や器具で切開したりして目の中の水を排水させる手術や、別の排水口をつくる手術を実施。白内障手術は隅角の閉塞を防ぐため、緑内障の進行抑制にも有効で、実施をお勧めすることもあります。

ハンフリー視野計

ゴールドマン視野計

OCT Triton plus

網膜疾患

OCT Triton plus3次元眼底像撮影装置

網膜は、角膜と水晶体を通った光が像を結ぶ場所であり、そこに写った情報が脳に伝達されて初めて、私たちはものを「見ている」と認識できます。網膜疾患は、何らかの原因によりこの網膜に異常をきたした疾患です。代表的なものに網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜、加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症などがあります。

コンステレーション® ビジョンシステム

マルチカラーレーザー

網膜剥離

網膜剥離は、網膜に裂け目や孔が開き、そこから徐々に網膜がはがれてしまう疾患で、放置しておくと失明の危険性もあります。初期症状は飛蚊症(目の前にちらちらと糸のような異物が舞っているように見える症状)や光視症(目を瞑っていても視界の端に光が走って見える症状)で、進行すると視界の周辺から徐々に見えなくなったり、視力が急激に低下したりします。治療法としては、レーザーで網膜の裂孔をふさぐ光凝固術、網膜を牽引している硝子体を取り除く硝子体手術などがあります。

加齢黄斑変性

眼科用VEGF阻害剤「アイリーア®硝子体内注射液

原因は不明ですが、加齢にともない網膜の中心部で異常な血管(新生血管)が発生し、網膜の中心部にある黄斑に障害が生じる疾患です。黄斑はものの形や色、大きさなどを認識するのに不可欠な部分で、ここが障害されると、視界の中心部が薄暗くぼやけたり、ものが歪んで見えたりします。進行すると見えにくくなる範囲が広がって、視力が低下していき、失明の危険性もあります。壊れた黄斑組織が元に戻ることはないため、早期発見が極めて大切になります。診断には眼底検査や造影検査、光干渉断層撮影検査が有用で、当院では一度に眼底の約80%が撮像可能な超広角走査レーザー検眼鏡や、蛍光眼底造影をしなくても新生血管や無血管領域(ともに加齢黄斑変性症の診断に重要)が確認できる3次元眼底像撮影装置(SS-OCT & angio)を用いて検査します。とくにSS-OCTはごく初期の加齢黄斑変性症の発見も期待できるため、健康診断にも利用しています。加齢による加齢黄斑変性症は今のところ、有用な治療法が確立されていません。一方、異常な血管の出現が原因の場合は、薬物療法、抗新生血管薬の硝子体注射、もしくは原因箇所にレーザー照射することで進行を抑制、視力改善が期待できます。

糖尿病性網膜症

網膜に酸素や栄養を運ぶ毛細血管が高血糖によって損傷して生じる疾患です。初期段階で毛細血管瘤ができたり、毛細血管が歪んだりしますが、血糖コントロールによって改善が期待できます。進行すると毛細血管から出血したり、浮腫が発生したり、さらに無血管領域に新たに出現した新生血管(通常の毛細血管よりもろく破れやすい)が破れて出血したりします。末期には視界全体が薄く赤い色がかかって見えたり、飛蚊症が現れたりし、網膜剥離にいたることもあります。10年ほどの歳月をかけてゆっくりと進行しますが、初期症状がほとんどなく、早期には気づきにくいのが特徴です。血糖値が高い方は、自覚症状がなくても定期的に眼底検査を受けることをお勧めします。当院では広角眼底観察装置のオプトスや、造影剤なしで網膜の状態を確認できる3次元眼底像撮影(SS-OCT & angio)装置を使用しています。初期治療で最も重要なのは血糖コントロールですから、内科、糖尿病内科の医師と協働し、できる限り侵襲が少なく済む内科的治療を心がけます。血流の途絶えた網膜はレーザー照射することで、新生血管の進行を抑制することができるため、広範囲に毛細血管閉塞や網膜に損傷のある方はレーザー治療をお勧めしています。ただ、すでに障害した網膜を回復させることはできません。進行すると、出血によって生じた混濁や新生血管を除去する外科療法(手術)が必要になります。

涙道疾患

眼球の表面を潤す涙の量は、涙を分泌する涙腺と、排水する涙道によって常に調節されています。涙の分泌量が減少するとドライアイに、排水機能が低下もしくは涙が分泌過剰になると流涙症(涙が止まらない疾患)になります。また、排出されずに溜まった涙に細菌が繁殖し、膿が溜まって涙嚢炎になることもあります。

ドライアイ

涙には眼球を保護する作用がありますから、ドライアイを放置すると眼球に細かな傷がつく可能性があります。症状が軽い場合は市販の点眼薬などで潤すことができますが、重症の場合は、医師の処方により角膜を保護する点眼薬が必要です。それでも効果が見られない場合は涙の排水口をプラグで塞いだり、外科的に閉塞させたりします。

流涙症

排水機能が低下した流涙症には、閉塞した涙道を開通させる手術が必要です。従来、ブジーという名称の細い金属棒を詰まった箇所に差し込んで開通させていましたが、涙道の中が見えないため、挿入した際の感触と医師の経験のみに頼って行っていました。当院では、より安全な手術に向け、涙道手術に特化した内視鏡を導入し、涙道の中を鮮明な画像で確認しながら開通させています。涙道が細かったり、開通させてもすぐに詰まったりする場合は、涙の通り道を確保するため、内視鏡下に鼻涙管にチューブを挿入し広げるシリコンチューブ挿入術を行います。自然に涙道が広がるよう、チューブは2~3カ月留置します。それでもうまく開通しないときは、鼻の骨を一部削って涙の通り道をつくる涙嚢鼻腔吻合術を行います。

角膜疾患

角膜とは眼球の黒目部分の表面を覆う透明の膜で、眼のレンズの役割を果たしています。外から集まった光は角膜を通して屈折し、網膜で像を結ぶため、角膜が障害すると視力が大きく低下したり、視界がぼやけたりします。角膜疾患は先天性のものや腫瘍、アレルギーが原因のものなど、さまざまにありますが、眼のいちばん外側にあるだけに傷つきやすく、傷がもとの感染症が最もポピュラーです。角膜の感染症には、感染性角膜炎、角膜真菌症、角膜ヘルペスなどがあり、抗生物質、抗ウイルス薬などを点眼もしくは内服、点滴して治療します。