診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
院長あいさつ 総長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 病院概要 臨床指標
医師募集 研修医募集 看護師募集 コメディカル募集 事務・その他募集 求人の応募
main image
HOME > 病院のご案内 > 院長あいさつ

院長あいさつ

平成18年6月より病院長を拝命致しました東上震一です。責任の重さに身の引き締まる思いですが微力ながら全力を尽くして病院のさらなる発展に努めたいと考えています。


岸和田徳洲会病院は昭和52年5月に徳洲会グループの3番目の病院として開設され早30年を迎えようとしています。この間一貫して24時間診療と救急医療に取り組み地域に根づいた救急病院として発展してまいりました。前広岡院長の下、総合病院として機能の充実に努め平成14年10月には現在地に新病院として移転し、病院機能評価機構認定施設、厚生労働省の臨床研修指定病院、それぞれの認定を受け救急医療はもとより高度医療もその守備範囲に含める高機能病院として体裁を一新しました。新病院になり病院スタッフ一同気持ちを 新たに地域の皆様方の健康と命を守るという決意で日々努力しております。


2006年9月には敷地内に地上4階建ての新館がオープンいたしました。PET-CT、日帰り手術、透析、健診等の機能を持つ4フロアーを備え、病院としてはこれを更なる医療の質の向上につなげたいと考えております。地域の診療所、病院間の連携を密にして医療機関全体が一体となって、それぞれの機能を生かしてより良い医療を提供するというシステムは国の医療政策でもあります。岸和田徳洲会病院は救急医療に根ざし高度医療も担う急性期型病院としてこれからも病診・病病連携のもと地域医療に貢献していきます。またそれにとどまらず病前医療として地域の皆様の健康管理・健診にも力をそそいでいく考えです。
私たちは患者様への医療サービス、病院を利用していただいた方々の満足度の向上を何よりも第一と考えております。医療情報の開示と徹底した安全管理を原則に地域に開かれた病院として皆様方の声を反映した病院作りを進めてまいります。
宜しくご指導・ご鞭撻のほどお願いいたします。


病院長 東上震一