診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
総長あいさつ 院長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 病院概要 臨床指標 地域医療支援病院 JCI認証 DPC 病院情報の公表
初期研修医・専攻医・医師スタッフ 看護師 薬剤師 臨床検査技師(新卒) 理学療法士(新卒) 作業療法士(新卒) 言語聴覚士(新卒) 言語聴覚士(中途) 臨床工学技士(新卒) ボランティア 事務(医療ソーシャルワーカー)(中途)
main image
HOME > 病院のご案内 > 患者様の権利

患者様の権利

  • 1. 患者は、年齢、性別、人種、国籍、宗教、性的思考、性別認識または身体障害に関わらず安全な環境で配慮があり、丁重で、思いやりのある医療をうける権利があります。
  • 2. 患者は、不適切な扱い、もしくはネグレクトなどの全ての虐待を受けることがない安全な環境で医療を受ける権利があります。
  • 3. 患者は適切な名前で呼ばれる権利があり、また患者の尊厳を維持し前向きな気持ちになる環境にいる権利があります。
  • 4. 患者は担当の医者、看護師、及び医療を提供している全ての医療チームメンバーの名前を知る権利があります。
  • 5. 患者は入院する場合、その事を家族、もしくは自身で選択した人、及びかかりつけの医師に早急に伝えてもらう権利があります。
  • 6. 患者への訪問者が患者、もしくは他人の権利や安全または健康を損なわない限り、患者は自身の精神の安全のために訪問者に病院にいてもらうことができる権利があります。また、患者はいかなる訪問も断る権利があります。
  • 7. 患者は予期しない結果を含め、診断、考えられる予後、治療の利点とリスクについて医師から伝えられる権利があります。患者は非緊急の手術を開始する前に、書面による説明を受けた上で、同意する権利があります。
  • 8. 患者は痛みについての診察を受け、その治療の決定に関与する権利があります。
  • 9. 患者は、医学的に必要のない如何なる形式の制限及び隔離を受けない権利があります。
  • 10. 患者の医療についての話し合い、検査、及び治療のプライバシーは保持されます。患者はどの種類の検査でも同伴者にいてもらうことができます。
  • 11. 患者は、虐待が起こった場合に他の機関に相談する権利があります。その場合、病院はその情報を提供します。
  • 12. 患者、その家族や許可を得た友人らは、患者の治療(法律で認められている範囲内で治療を拒否する権利を含む)方針の決定に関与する権利があります。患者が主治医の助言に反対して退院した場合、発生しうる医学的結果の責任を病院や医師が負うことはありません。
  • 13. 患者は、医療調査研究への参加について、同意または拒否する権利があります。患者は通常の治療に影響なくいつでもその研究から脱退することができます。
  • 14. 患者は理解できる方法で意思疎通を行う権利があります。患者は病院より援助を受けることができます。患者の年齢、理解、及び言語に適した情報が与えられます。もし患者が視覚、音声、聴覚及びその他の障害がある場合は、必要な医療を行うために追加援助を受けることができます。
  • 15. もし患者自身が医療上の決断をできない場合、事前に代理人を指定する権利があります。もし、患者からの事前の代理人の指定が無い場合、患者は病院から与えられた情報を完全に理解するのに必要な援助を得ることができます。
  • 16. 患者は退院計画の決定に関与する権利があります。患者は退院、別の施設への転院する、際に、速やかに患者本人に伝えられます。退院する前に、患者は必要な今後の経過観察についての情報を受けることができます。
  • 17. 患者は自身の治療費について詳細な情報を受ける権利があります。
  • 18. 患者は、法律で開示される以外、自身の治療についての全てのやりとり及び記録は外部に漏洩しないよう厳重に保管されます。
  • 19. 患者は自身の医療記録のコピーを参照もしくは取得する権利があります。患者は情報管理室と連絡をとり、自身の医療情報を追加で取得することができます。患者は自身の健康情報が誰に開示されたかを知る権利があります。
  • 20. 患者は音声記録、写真、動画、またはその他の画像を、診断・治療以外のために内外で使用することを許可、もしくは拒否する権利があります。患者はそれらが使用される前に同意を撤回する権利があります。
  • 21. もし患者やその家族が本人の治療に関連する倫理的な問題を話し合う必要がある場合、病院より必要な援助を受けることができます。
  • 22. 患者は宗教上必要なサービスを受ける権利があります。(牧師が直接本人を助けるために利用可能です、もしくは自身の聖職者に連絡を取ってください。)
  • 23. 患者は受ける医療についての不安を表明する権利があります。もし患者が問題または苦情を持った場合には、医師や看護師、またはその部署の部署長と話すことができます。