診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
総長あいさつ 院長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 病院概要 臨床指標 地域医療支援病院 JCI認証 認定証書 DPC メディア掲載情報 病院情報の公表
初期研修医・専攻医・医師スタッフ 看護師 薬剤師 診療放射線技師 臨床検査技師(新卒) 理学療法士(中途) 作業療法士(中途) 健康管理センター(臨床検査技師 非常勤・中途採用) 臨床研究コーディネーター(CRC) 事務(医療ソーシャルワーカー・新卒) 事務(医療ソーシャルワーカー・中途) 事務員(システム担当・新卒) 事務員(システム担当・中途) 救急救命士(中途)
main image
HOME > 診療科のご案内 > 薬剤部

部門の特徴

近年、医療の高度化・専門化に伴い、病院薬剤師の役割はチーム医療の一員としてより専門性が求められようになっています。当院薬剤部では外来院内調剤を実施するなか、病棟での薬剤管理指導業務を通して、薬剤全般的な知識の向上はもちろんですが、それだけに留まらず、各自が感染対策(ICT)・栄養管理(NST)・オンコロジー(化学療法・緩和ケア)・褥瘡対策・呼吸ケア・糖尿病などの担当分野を持ち、その専門知識の向上にも努めています。そのような状況で、薬剤師も医師と同様に6年生となり、より一層薬剤師として重要な役割を担うことになります。また、本年度診療改定では病棟薬剤業務実施加算が認められ、医師及び看護師等の医療従事者の負担軽減と薬物療法の有効性・安全性の向上を目指し、薬剤師の病棟常駐が必須になりつつあるなか、当院でも各病棟への薬剤師の常駐を目指し、薬剤師の増員と病棟常駐を必要とされる薬剤師の質の向上を、更に医療の原点でもある救命センター及び救急病棟の開設に伴い、救急医療に従事できる薬剤師の育成にも取り組んでいるところです。