メニュー
診療科・センターのご案内
診療科のご案内 センターのご案内 部門のご案内

乳腺外科

研究業績

2021年論文業績

  1. Hiroshi Shintani, Shoji Oura, Shinichiro Makimoto. Recurrence of gastric cancer in the jejunum close to the anastomotic site after total gastrectomy. Case reports in Oncology 2021;14:767-71.
  2. Tomoyuki Yamaguchi, Shoji Oura, Shinichiro Makimoto. Successful enucleation of a large pancreatic head shwannoma. Case Reports in Gastroenterology 2021;15:225-31.
  3. Yoshitake Hiroyuki, Shoji Oura, Tomoyuki Yamaguchi, Shinichiro Makimoto. Solitary lung metastasis of prostate cancer with a long disease-free interval and normal prostate-specific antigen level. Case reports in Oncology 2021;14:284-9.
  4. Nozomi Kashu, Shoji Oura, Naoki Kataoka, Shinichiro Makimoto. Regressed seminoma with metastases to the jejunum and retoroperitoneum. Case reports in Oncology 2021;14:418-23.
  5. Kiyomi Tanaka, Shoji Oura, Koji Yasuda, Shinichiro Makimoto. Abrupt aggravation of encapsulated seroma after breast reconstruction with extended latissimus dorsi muscle flap. Case reports in Oncology 2021;14:290-5.
  6. Naoki Kataoka, Shoji Oura, Tomoyuki Yamaguchi, Shinichiro Makimoto. A case of lung adenocarcinoma with pulmonary hypertrophic osteoarthropathy showing pathological complete response to a pembrolizumab-containing chemo-immunotherapy. Case reports in Oncology 2021:1380-6.
  7. Hiroshi Shintani, Shoji Oura, Shinichiro Makimoto. Hepatocellular carcinoma showing pathological complete response to lenvatinib monotherapy. Case reports in Oncology 2021;14:727-7.
  8. Nozomi Uozumi, Shoji Oura, Shinichiro Makimoto. Subclinical Needle Tract Seeding by Endoscopic Ultrasound-Guided Fine-Needle Aspiration for Pancreatic Cancer. Case reports in Oncology 2021;14:977-82.
  9. Yurie Kitano, Shoji Oura, Yutaka Mushiake, Shinichiro Makimoto. Monomorphic epitheliotropic intestinal T-cell lymphoma in the ileum with successful preoperative endoscopic evaluation. Case reports in Oncology 2021;14:1283-88.
  10. Daisuke Inoue, Shoji Oura, Tomoya Takami, Shinichiro Makimoto. Presumed solitary dissemination of colon cancer mimicking primary cancer of the small intestine. Case reports in Oncology 2021;14:1422-28.
  11. Takanori Hishikawa, Shoji Oura, Masafumi Tomita. Successful surgical intervention of strangulated ileus with a simple cut of the external iliac vein without vein reconstruction. Case reports in Gastroenterology 2021; 2021;15:846-51.
  12. Suzuka Fujii, Shoji Oura, Shinichiro Makimoto. Surgery to oligometastatic breast cancer after excellent response to palbociclib and letrozole therapy: Pitfall of ultrasound therapeutic evaluation. Case reports in Oncology 2021;14:1601-7.
  13. Hiroshi Shintani, Shoji Oura, Tomoyuki Yamaguchi, Shinichiro Makimoto. Bone metastasis of non-small cell lung cancer showing pathological complete response to osimertinib monotherapy. Case reports in Oncology 2021;14:1876-81.

2020年論文業績

  1. Masafumi Tomita, Shoji Oura, Shinichiro Makimoto. A case of locally advanced breast cancer successfully treated with multidisciplinary therapy. Case Rep Oncol 2020;13:261–265
  2. Masafumi Tomita, Shoji Oura, Shinichiro Makimoto. A case of diffuse large B cell lymphoma of the breast with predominantly high-level internal echoes. Case reports in Oncology 2020;13:309–313
  3. Shoji Oura, Mitsuo Mori, Shinichiro Makimoto. A case of solitary lung metastasis of breast cancer successfully treated with stereotactic body radiotherapy after chemotherapy. Case reports in Oncology 2020;13:398–402
  4. Yuka Aoishi, Shoji Oura, Haruka Nishiguchi, Yoshimitsu Hirai, Miwako Miyasaka, Mari Kawaji, Aya Shima, Yoshiharu Nishimura. Risk factors for breast cancer related lymphedema: correlation with docetaxel administration. Breast Cancer 2020;27:929–937
  5. Masafumi Tomita, Shoji Oura, Haruka Nishiguchi, Shinichirou Makimoto. A case of bilateral methotrexate-associated diffuse large B-cell lymphomas of the breasts with unique clinical presentation and outcome. Breast Cancer 2020;27:1038–43.
  6. Nozomi Kashu, Shoji Oura, Hideyuki Yoshida, Eisei Nishino, Shinichiro Makimoto. A case of squamous cell carcinoma of the breast with low-grade adenosquamous carcinoma. Case reports in Oncology 2020;13:1152-7.
  7. Koji Yasuda, Shoji Oura, Nozomi Kashu, Hiroyuki Yoshitake, Tomoya Takami, Hiroshi Shintani, Naoki Kataoka, Tomoyuki Yamaguchi, Shinichiro Makimoto. Sigmoid volvulus with widespread bowel ischemia treated successfully with elective laparoscopic surgery after endoscopic reduction. Case Reports in Gastroenterology 2020;14:286–290
  8. Tomoyuki Yamaguchi, Shoji Oura, Mariko Honda, Shinichiro Makimoto. A case of hyper-intense liver metastases of breast cancer in the hepato-biliary phase on gadoxetic acid-enhanced magnetic resonance imaging. Case reports in Oncology 2020;13:973-8.
  9. Shoji Oura, Shinichiro Makimoto. Massive Dystrophic Calcification after Radiofrequency Ablation for Breast Cancer. Austin J Med Oncol. 2020; 7: 1053-5.

センチネルリンパ節生検に関する業績

著書(筆頭著者分のみ)

尾浦正二 乳癌腋窩温存適応拡大のコツ。光山昌珠編、乳癌診療二頁の秘訣。金原出版、東京、2004、pp82-83.
尾浦正二 術前化学療法後のセンチネルリンパ節生検。霞富士雄編、乳癌診断のコツと落とし穴。中山書店、東京、pp188-189.2004

論文(筆頭著者分のみ)

尾浦正二、谷野裕一、吉増達也、櫻井照久、粉川庸三、松山健次、広岡紀之、小野一雄、西野栄世、内藤泰顯 乳癌に対するセンチネルリンパ節生検の試み。和歌山医学 52:155-158.2001.
尾浦正二、谷野裕一、平井一成、吉増達也、粉川庸三、岡村吉隆 サンプリングコンセプトを併用した乳癌センチネルリンパ節生検。手術 56:911-914.2002.
尾浦正二、谷野裕一、吉増達也、櫻井照久、粉川庸三、岡村吉隆 MRIガイド下リンパ節サンプリングを併用した乳癌センチネルリンパ節生検の有用性。日臨外会誌 63:1607-1611.2002.
尾浦正二、平井一成、吉増達也、粉川庸三、西田宗弘、 佐々木理恵、岡村吉隆 乳癌腋窩リンパ節転移陽性例に対する術前化学療法後センチネルリンパ節生検。臨床外科 58:1667-1670.2003.
尾浦正二、平井一成、吉増達也、粉川庸三、西田宗弘、 佐々木理恵、岡村吉隆 乳癌におけるリンパ節微小転移。外科 66:553-556.2004.
尾浦正二、平井一成、吉増達也、粉川庸三、佐々木理恵、 岡村吉隆 乳癌センチネルリンパ節微小転移例に対する腋窩温存。外科 66:691-695.2004.
尾浦正二、玉置剛司、吉増達也、太田文典、清水幸生、 中村理恵、清井めぐみ、
内藤古真、宮坂美和子、岡村吉隆
乳癌センチネルリンパ節微小転移例に対する腋窩温存。外科治療 98:817-821.2008.

特別講演、シンポジウム、国際学会等(筆頭発表のみ)

尾浦正二、谷野裕一、吉増達也、粉川庸三 Sampling conceptを併用したセンチネルリンパ節生検と腋窩温存。第63回日本臨床外科学会総会、ビデオシンポジウム「Sentinel node navigation surgery」、2001.10.10.於横浜
尾浦正二、谷野裕一、吉増達也、粉川庸三 Three-mapping法による乳癌センチネルリンパ節生検。第39回日本癌治療学会総会、ビデオシンポジウム「Sentinel Node Navigation Surgeryの実際」、2001.11.9.於広島。
Oura S, Tanino H, Hirai I, Yoshimasu T, Sakurai T, Kokawa Y, Sasaki R, Okamura Y. Magnetic resonance imaging-guided lymph node sampling improves accuracy of sentinel node biopsy in breast cancer. The 3rd International Sentinel Node Congress, November 16-18.2002. Yokohama. Japan
尾浦正二 MRIによる腋窩リンパ節転移評価:センチネルリンパ節生検への臨床応用。ワークショップ「超音波による腋窩リンパ節転移評価」、第9回日本乳腺甲状腺超音波診断会議、2002.10.14.於宇都宮
尾浦正二、平井一成、吉増達也、粉川庸三、佐々木理恵、岡村吉隆 乳癌センチネルリンパ節微小転移例に対する腋窩温存。パネルデイスカッション、センチネルナビゲーションサージェリーの 手技と問題点(3)乳腺、第64回日本臨床外科学会総会、2002.11.14、於新宿
尾浦正二 センチネルリンパ節生検。パネルデイスカッション「乳癌実地診療の向上を目指して」、第2回日本乳癌学会近畿地方会、2004.12.11.於京都

乳頭温存手術に関する業績

著書(筆頭著者分のみ)

尾浦正二、櫻井武雄 乳頭温存手術。福田護編、乳房温存療法のすべて。メヂカルビュー社、p70-76,1994
尾浦正二 乳頭温存乳房全切除の適応と実際。伊藤良則、戸井雅和編、乳腺疾患-state of arts。別冊・医学のあゆみ。医歯薬出版株式会社、東京、2004,pp214-216.
尾浦正二 乳腺全切除。飯野祐一、園尾博司編集、よくわかる乳癌のすべて。永井書店、大阪、2006、pp272-278.
尾浦正二、内藤泰顕 皮下乳腺全摘術(乳頭温存手術)。女性の手術とQOL。OPE NURSING '99秋季増刊、メデイカ出版、大阪、1999、pp112-119.

論文(筆頭著者分のみ)

尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、 内藤泰顕、鈴間孝臣、谷野裕一乳頭近傍の乳癌症例に対する放射線非併用乳頭温存手術(Glt+Ax)の臨床的評価 乳癌の臨床 9;111-118.1994
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、内藤泰顕腫瘤径別にみた乳頭温存手術(Glt+Ax)の治療成績 臨床外科 49;623-627 1994
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、内藤泰顕リンパ節転移陽性症例に対する乳頭温存手術(Glt+Ax)の遠隔成績。日臨外医会誌、55;1358-1364,1994.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司乳頭温存術式(Glt+Ax)施行例で乳頭側切除断端に乳管内進展巣が見られた症例の臨床的検討。日臨外医会誌、55;1656-1659、1994.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司非早期乳癌に対する乳頭温存手術10年の臨床経験。乳癌の臨床、9;467-473、1994
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司乳腺Occult carcinomaに対する縮小手術。和歌山医学、45;349-351,1994
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、 内藤泰顕、鈴間孝臣術後病期Ι、Π乳癌に対する標準術式としての乳頭温存術式(Glt+Ax)。日本外科学会雑誌、95;887-892.1994.
尾浦正二乳頭温存手術の臨床的検討:乳癌手術における乳頭乳輪部温存の安全性について。和歌山医学、45;525-536.1995.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司組織型からみた乳頭温存手術(Glt+Ax)の意義。日臨外医会誌、56;486-492.1995.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三整容効果からみた乳頭温存手術の適応。日外科系連会誌 20:109-113.1995.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三血性乳汁分泌を伴う乳癌に対する乳頭温存の可能性。手術、49;1413-1417.1995.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三乳頭内乳管を温存する乳管区分切除を施行した血性乳汁分泌を伴う非浸潤癌の1例。外科、57:1113-1115.1995.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三血性乳汁分泌を認める陥没乳頭症例に対する乳管区分切除。手術、49;1735-1738.1995.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三当科における乳癌標準術式としての乳頭温存手術-その短期治療成績について。臨床外科、50;1355-1360.1995.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三乳頭下乳腺組織切離におけるthick flapの有用性。日癌治療会誌,30;1824-1834.1995.
Shoji OURA,Takeo SAKURAI,Goro YOSHIMURA,Takesi TAMAKI,Teiji UMEMURA,Yozo KOKAWA Nipple-preserving total glandectomy for noninvasive breast carcinoma. Ann Cancer Res Ther 5:25-28.1996.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三リンパ節転移高度陽性乳癌に対する乳頭温存手術。外科治療 76:467-470.1997.
Shoji OURA, Takeo SAKURAI, Goro Yoshimura, Takeshi TAMAKI, Teiji UMEMURA, Yozo KOKAWAClinical study of nipple preserving total glandectomy for advanced breast cancer. Wakayama Med Rep 37:9-15.1996.

特別講演、シンポジウム、国際学会等(筆頭発表のみ)

尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、内藤泰顕、鈴間孝臣乳頭温存乳癌根治術14年の経験から、第30回日本癌治療学会パネルデイスカッシオン、於東京、1992/9/16
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、内藤泰顕、鈴間孝臣再発様式からみたリンパ節転移陽性例に対する乳頭温存術式(Glt+Ax)の検討、第54回日本臨床外科学会ワークショップ、1992.11.20-22.於東京
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司1、2期乳癌に対する標準術式としての乳頭温存手術(Glt+Ax),第18回日本外科系連合学会総会、ラウンドテーブルデイスカッシオン-乳癌縮小手術の適応と術式の工夫-。1993/6/26.於大宮
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司Thick flapによる乳頭温存手術(Glt+Ax)。第95回日本外科学会総会ビデオパネルデイスカッシヨン-乳癌縮小手術・乳房再建-1995.4.10.
尾浦正二乳頭温存手術の臨床的検討:乳癌手術における乳頭乳輪部温存の安全性について。第63回和歌山医学会総会、青州賞受賞講演、1995/7/2.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司治療成績からみた放射線非併用乳頭・乳房温存手術の限界。第6回関西乳癌放射線治療研究会、主題:乳房温存療法の適応と限界-外科と放射線科の立場から- 1995/8/5.京都
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司進行乳癌に対する根治手術としての乳頭温存手術。第96回日本外科学会総会、パネルデイスカッション-進行乳癌の根治手術とQOL-1996.4.12.千葉
尾浦正二乳癌治療における乳頭温存手術の臨床的意義。第27回北陸乳癌懇話会。1997.6.7.福井.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三腫瘤径3.1cm以上乳癌に対する放射線非併用乳頭温存手術。第60回日本臨床外科学会総会。ワークショップ「局所進行乳癌の治療戦略」。1998/11/11.広島。

骨転移に関する業績

著書(単著)

尾浦正二癌性骨疼痛に対するパミドロネート療法。130頁、金原出版、東京、1997.
尾浦正二ビスホスホネート療法ハンドブックー癌性骨転移の治療と疼痛緩和ー。135頁、真興交易(株)医書出版部. 2005.8.25.

著書(筆頭著者分のみ)

尾浦正二症候概論。松本俊夫、福永仁夫、米田俊之編、癌と骨病変、メデイカルレビュー社、東京、pp97-104.2004.
尾浦正二BP治療の適応と投与の実際をみる。高橋俊二編、がん骨転移治療。先端医学者、東京、p122-126.
尾浦正二ビスフォスフォネートによる骨転移の治療。がん治療における骨量減少に対する効果。米田俊之編、がん骨転移のバイオロジーとマネージメント。医薬ジャーナル社、大坂、pp172-178.

論文(筆頭著者分のみ)

尾浦正二ビスホスフォネートと骨病変。医学のあゆみ 186:927.1998.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三乳癌骨転移に対するPamidronate療法。乳癌の臨床 13:351-356.1998.
尾浦正二高カルシウム血症。日本臨床 61:1006-1009.2003.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三Pamidronateが疼痛制御に有用であった末期肺癌患者の1例。肺癌 36:449-453.1996.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三胸骨傍リンパ節転移による胸痛にPamidronateが有用であった末期乳癌の1例。日臨外医会誌 58:346-349.1997.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三Pamidronateが骨転移に有用であった再発乳癌の1例。癌と化学療法 24:865-868.1997.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三骨関連癌性疼痛に対するPamidronate療法の臨床的有用性。和歌山医学 48:455-460.1997.
尾浦正二ビスフォスフォネート療法の現状と近未来。医学のあゆみ189:95-132.1999.(特集編集)
尾浦正二乳癌骨転移に対するビスフォスフォネート療法。医学のあゆみ 189:101-104.1999.
尾浦正二癌性骨疼痛に対するビスホスホネート療法。Practical Oncology 12(2):10-11.1999.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三ビスフォスフォネート療法の効果判定。乳癌の臨床 14:201-207.1999.
尾浦正二、内藤泰顕ビスホスフォネート療法-乳癌。血液・腫瘍科39:352-358.1999.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三Alendronate注射剤急速投与の安全性に関する検討。癌と化学療法 26:345-351.1999.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三Docetaxel化学療法中に生じた乳癌骨転移にAlendronateが有効であった1例。癌と化学療法 26:1469-1473.1999.
尾浦正二、櫻井武雄、内藤泰顕乳癌骨転移に対する新規治療戦略としてのビスホスホネート療法。臨床外科 54:1353-1357.1999.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、 粉川庸三、内藤泰顕Incadronate急速投与の安全性と乳癌骨転移に対する臨床的評価。癌と化学療法 26:1623-1628.1999.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三Bisphosphonate療法が有用であった乳癌造骨性転移の1例。癌と化学療法 26:1651-1655.1999.
尾浦正二乳癌治療におけるビスホスホネート療法の役割について。Mamma 35:6-9.2000.
尾浦正二、内藤泰顕Type Ⅰ collagen cross-linked N-telopeptideおよびType Ⅰ collagen cross-linked C-telopeptideによる乳癌骨転移評価。日本臨床外科学会雑誌 61:291-295.2000.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、 粉川庸三、内藤泰顕Alendronateが疼痛制御に有用であった乳癌骨転移の1例。癌と化学療法 27:633-637.2000.
尾浦正二、吉増達也、櫻井照久、中村恭子、粉川庸三、 松山健次、太田文典、内藤泰顕肺癌骨転移に対するPamidronate療法。癌と化学療法 27:1057-1060.2000.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、 粉川庸三、内藤泰顕ビスホスホネートのsequential療法が有用であった乳癌骨転移の1例。乳癌の臨床 15:477-481.2000.
Shoji Oura, Hirokazu Tanino, Tatsuya Yoshimasu, Teruhisa Sakurai, Takako Nakamura, Yozo Kokawa, Kenji Matsuyama, Fuminori Ohta, Yasuaki Naito Bisphosphonate therapy for bone metastases from breast cancer: Clinical results and a new therapeutic approach. Breast Cancer 7:307-310.2000.
尾浦正二、内藤泰顕パミドロネート急速投与(1mg/分)の安全性。臨床外科 55:1611-1613.2000.
尾浦正二乳癌骨転移に対するビスホスホネート療法。日本醫事新報、「一週一話」405:89,2001.
Oura S, Hirai I, Yoshimasu T, Kokawa Y, Sasaki R, Okamura Y Clinical efficacy of bisphosphonate for bone metastasis from breast cancer. Breast Cancer 10:28-32.2003.
尾浦正二ビスフォスフォネートによる骨転移治療。The Bone 17:171-174.2003.
尾浦正二乳癌骨転移治療におけるビスホスホネートの位置づけーASCOガイドラインおよび本邦の治療ガイドラインを中心にー。Progress In Medicine 24:1052-1058.2004.
尾浦正二がんと痛み。BONEsens 3:3-6.2004.
尾浦正二パミドロン酸二ナトリウム。クリニカルプラクテイス24:383-385.2005.
尾浦正二骨転移痛に対する新規治療法:ゾレドロネートとストロンチウム。ペインクリニック 29:753-760.2008.

特別講演、シンポジウム、国際学会等(筆頭発表のみ)

尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三骨、骨膜由来の癌性疼痛に対するPamidronate療法の有用性。第34回日本癌治療学会総会、ワークショップ-Palliative therapy-。1996.11.1.東京。
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三乳癌骨転移・浸潤に対するPamidronate療法。第9回関西乳癌放射線治療研究会。テーマ;再発乳癌の診断と治療。1997/2/22.大阪。
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三 骨転移・浸潤に対する抗腫瘍治療としてのPamidronate療法。第22回日本外科系連合会学術集会、シンポジウム-腫瘍転移の対策-。1997/6/28.29.大阪。
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三乳癌骨転移・浸潤に対するPamidronate療法 - Post-anthracycline therapyとしての臨床的評価 -。第59回日本臨床外科医学会総会、シンポジウム-再発乳癌の診断と治療の問題点-。1997/11/13.大阪。
尾浦正二外科医による癌告知と癌性骨疼痛に対するBisphosphonate療法の有用性。第18回和歌山悪性腫瘍研究会、シンポジウム-和歌山におけるターミナルケアの現状と将来-。1997/12/23。和歌山
尾浦正二新しい骨転移の治療法。山東医科大学・和歌山県立医科大学国際学術研究記念講演会。1998/9/18.和歌山。
尾浦正二「骨転移した乳癌の新しい治療法」。ロッシュ・キャンサー.トウデイ。ラジオ短波、11月25日放送。
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三緩和医療におけるBisphosphonate療法の有用性。第3回日本緩和医療学会総会、ワークショップ「一般病院における緩和医療の実態」、1998/3/19.京都。
尾浦正二乳癌化学療法と骨転移に対するビスホスホネート療法。伊都薬剤師会研修会、1998/7/23.高野口
尾浦正二癌患者のターミナルケア-パミドロネート療法を中心に-。山梨パミドロネート療法講演会。1999.6.11.於山梨
尾浦正二ビスフォスフォネートによる骨転移治療。北摂ターミナルケア研究会。1999/9/24.於箕面
尾浦正二乳癌の骨転移に対するビスホスフォネート療法。第3回癌と骨病変研究会、平成11年11月26日、於東京
尾浦正二、内藤泰顕、別所俊哉、吉増達也、有本潤司、 櫻井照久、中村恭子、松山健次、櫻井武雄肺癌骨転移に対するパミドロネート療法の試み。第40回日本肺癌学会総会、ワークショップ6「末期癌患者の在宅医療(外来治療)」。199910/22.於札幌
尾浦正二最新の乳癌及び骨転移治療。第3回「最新の医療・研究」カンファランス。平成12年1月8日、和歌山市、生涯研修・地域医療センター。
尾浦正二ビスホスホネートによる癌性骨病変治療。第4回大阪腫瘍外科研究会。2000/7/1.於大阪。
尾浦正二乳癌骨転移に対するBisphosphonate療法。第2回乳癌と骨病変セミナー。2000.11.11.於大阪
尾浦正二乳癌骨転移に対するBisphosphonateの臨床効果。第38回日本癌治療学会、サテライトシンポジウム「乳癌骨転移治療Update:乳癌骨転移の新規治療」、2000/10/23.於仙台
尾浦正二乳癌及び肺癌骨転移に対するビスホスホネート療法。第2回ビスフォスフォネートフォーラム。2000/9/2.於東京。
尾浦正二、谷野裕一、吉増達也、 櫻井照久、中村恭子、 松山健次、太田文典、内藤泰顕乳癌骨転移に対するbisphosphonate療法の治療成績と新たな試み。パネルデイスカッション「新しい治療戦略と臨床的評価」、第8回日本乳癌学会総会、2000/5/11.横浜.
尾浦正二、谷野裕一、吉増達也、櫻井照久、中村恭子、 粉川庸三、松山健次、内藤泰顕ビスホスホネート療法による癌性骨疼痛制御。第62回日本臨床外科学会総会、ワークショップ3 癌疼痛に対する標準治療と最前線、2000/11/18.於名古屋
尾浦正二乳癌骨転移の薬物療法。福井乳癌治療研究会特別講演会、2001.2.3.於福井。
尾浦正二乳癌に対するビスフォスフォネート療法について。乳癌集学的治療勉強会、2001.6.29.於大宮。
尾浦正二乳癌骨転移に対する新規治療戦略。第16回山陰乳癌研究会特別講演。2001.10.27.於出雲。
尾浦正二乳癌骨転移に対するビスホスホネート療法。第3回神戸骨転移セミナー、2001.11.30.於神戸。
尾浦正二悪性骨病変に対するビスホスホネート療法。第7回福岡骨転移研究会、2002.2.1.於福岡。
尾浦正二ビスホスホネートによる骨転移治療。学術講演会、2002.4.5.於高知
尾浦正二新規骨転移治療戦略としてのビスホスホネート療法。第4回化学療法とQOL研究会。2002.5.9.於筑波
Oura Shoji Incadronate therapy for bone metastasis. ビスホナール発売記念講演会特別講演。2002.6.14.於マニラ
尾浦正二癌性骨疼痛に対するビスホスホネート療法。第21回痛み研究会。2002.6.25.於倉敷
尾浦正二乳癌におけるビスホスホネート療法。乳癌骨転移講演会、2002.8.30.於小倉
尾浦正二乳癌骨転移に対するビスホスホネート療法。第5回癌と骨転移研究会、2002.11.2.於東京
尾浦正二ビスホスホネート療法の現状と展望。第16回筑後地区乳腺カンファランス、2003.3.7.於久留米
尾浦正二乳癌骨転移に対するビスホスホネート療法の現況と将来展望。第1回福島骨転移研究会、2003.3.14.於郡山
尾浦正二乳癌治療におけるビスホスホネートの役割。学術講演会「乳癌を取り巻く最近の話題〜骨転移の治療を中心に〜」、2003.3.28.於横浜
尾浦正二ビスフォスフォネートの基礎と臨床。ビスフォスフォネート研究会、2003.10.17.於小倉
尾浦正二がん骨転移に対するビスホスホネート療法。第12回Young Oncologist Conference,2003.5.23.於生涯研修・地域医療センター
尾浦正二乳癌治療におけるビスフォスフォネートの有用性。第12回日本乳癌学会総会ランッチョンセミナー、2004.6.11.於小倉
尾浦正二乳癌骨転移治療の新しい展開。第2回日本乳癌学会近畿地方会ランチョンセミナー、2004.12.11.於京都
尾浦正二乳癌骨転移に対するビスフォスフォネート製剤の適正使用について。第4回和歌山乳腺疾患研究会、2004.2.28.於ホテルアバローム
尾浦正二ビスフォスフォネートによる乳癌骨転移治療。乳癌骨転移セミナー、2004.3.5.於高崎
尾浦正二乳癌骨転移に対するBisphosphonate療法。癌と骨病変セミナー。2004.4.3.於大阪
尾浦正二乳癌骨転移とビスフォスフォネート療法。癌骨転移セミナー in 仙台。2004.6.18.於仙台
尾浦正二乳癌に対するビスフォスフォネート療法。第7回神奈川消化器癌フォーラム、2004.7.9.於横浜
尾浦正二ビスフォスフォネートの現状と今後の展望。第46回琉球乳腺研究会、2004.9.17.於那覇
尾浦正二ビスフォスフォネートの基礎と臨床。つくば乳癌フォーラム2004.2004.11.26.於筑波
尾浦正二ビスホスホネートの基礎と臨床。進行・再発乳癌治療セミナー、2004.11.27.於新潟
尾浦正二乳癌骨転移に対するビスフォスフォネート療法。第13回北信乳腺疾患検討会、2005.1.28.於長野
尾浦正二ビスホスホネート療法のエビデンスと至適投与方法。学術講演会、2005.2.4.於福島
尾浦正二乳癌骨転移の新規治療戦略。乳癌骨転移コンセンサスセミナー、2005.3.26.於名古屋
尾浦正二乳癌治療におけるビスホスホネートの役割。学術講演会、2005.5.27.於札幌
尾浦正二ビスホスホネートの基礎と臨床。富山乳癌骨転移セミナー。2005.7.1.於富山
尾浦正二進行・再発乳癌治療における新たな試み。第13回岐阜乳腺疾患カンファレンス、2005.9.30.於岐阜
尾浦正二パミドロネート投与の基礎と臨床。第5回和歌山乳腺疾患研究会、2005.2.26.於和歌山
尾浦正二乳癌骨転移治療の現状と展望。第5回九州・癌と骨病変研究会、2006.9.9.於アクロス福岡
尾浦正二骨転移にどう立ち向かうか/ビスホスホネート。シンポジウム「骨転移にどう立ち向かうか」、日本ペインクリニック学会第41回大会、2007.7.7.於東京
尾浦正二がん治療における骨転移管理の実践。第32回日本外科系連合学会、2007.6.23.於京王プラザホテル
尾浦正二乳癌骨転移に対する治療戦略。第20回関西乳癌放射線治療研究会、2008.2.16.於ヒルトン大阪
尾浦正二乳癌骨転移の治療戦略。Clinical symposium、2008.5.23.於横浜
尾浦正二乳癌に対するビスホスホネート療法の新たな展開。Bisphosphonate Sympojium、2009.4.24.於大阪
尾浦正二乳癌の最新治療:ホルモンと骨に関する新たな展開。Breast Cancer Forum in Takamatsu.2009.7.31.於高松
尾浦正二ビスフォスフォネートの骨転移治療における新たな展開。パネルデイスカッション「ビスフォスフォネートの骨粗鬆症治療以外の疾患に対する効果」、第15回近畿骨粗鬆症研究会、2009.2.28.於大阪
尾浦正二骨転移治療の臨床。北海道骨転移セミナー、2010.5.22.於ホテルニューオータニ札幌
尾浦正二ビスホスホネートの新たな展開。第10回和歌山乳腺疾患研究会、2010.2.6.於ダイワロイネットホテル和歌山
尾浦正二イブニングセミナー「BRONJ ポジションペーパー発行後にわかった事,わからない事 ―日常診療でのお悩み解決 ! 特に,がん診療医とのコミュニケーションの為に重要な事―」第56回日本口腔外科学会、2011.10.23.於大阪国際会議場
尾浦正二乳癌骨転移治療の新たな展開。OMMC乳癌勉強会、2012.11.於大阪南医療センター
尾浦正二乳癌の骨転移治療を再考する。第17回中南和乳腺勉強会、2012.11.15.かしはら万葉ホール
尾浦正二Bone managementの重要性。第12回和歌山乳腺疾患研究会、2012.1.28.於ダイワロイネットホテル和歌山
尾浦正二乳癌骨転移治療。ノバルテイスファーマ株式会社社内研修会、2012.5.15.於ビッグ愛
尾浦正二骨転移の基礎と臨床。第7回和歌山労災病院地域医療連携勉強会、2014.7.24.於労災病院

薬物療法に関する業績

著書(筆頭著者分のみ)

尾浦正二、谷野裕一、内藤泰顕 薬剤感受性の予測。乳癌の診断と治療-最新の研究動向-。日本臨床社、大阪、pp581-586.2000.

論文(筆頭著者分のみ)

尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三 5-FU/CDDP+toremifeneが有効であった高度前治療歴を有する乳癌癌性心嚢炎の1例。乳癌の臨床 11:367-370.1996.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司肺・胸膜転移に対して小量Cisplatinおよび5-FUによるBiochemical modulationが有効であった再発乳癌の1例。癌と化学療法 8:1069-1071.1996.
Shoji OURA,Takeo SAKURAI,Goro YOSHIMURA,Takesi TAMAKI,Teiji UMEMURA,Yozo KOKAWA Recurrent breast carcinoma after prior intensive therapy responsive to biochemical modulation of 5-FU with low-dose cisplatin: Case report. Ann Cancer Res Ther 5:49-51.1996.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、 粉川庸三、鈴間孝臣、谷野裕一Anthracycline耐性再発乳癌に対する少量シスプラチンと5-FUによるbiochemical modulation therapyの成績。日癌治療会誌 31:957-964.1996.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、 粉川庸三、鈴間孝臣、谷野裕一Anthracycline耐性乳癌に対する少量CDDP+5-FU療法。日本臨床外科医学会雑誌 57:2612-2614.1996.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三少量シスプラチンと5-FUが悪性胸水制御に有用であった再発乳癌の1例。臨床外科 52:101-104.1997.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三Docetaxelが奏効した再発乳癌の1例。癌と化学療法 25:743-746.1998.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三Docetaxelの気管支動脈内注入を施行した再発肺扁平上皮癌の1例。癌と化学療法 25:2109-2113.1998.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三少量シスプラチンと5-FUがドセタキセル耐性転移に有効であった再発乳癌の1例。乳癌の臨床 14:78-81.1999.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三,内藤泰顕、鈴間孝臣、
谷野裕一
アンスラサイクリン耐性乳癌に対するDocetaxel療法。癌と化学療法 26:781-788.1999.
尾浦正二、谷野裕一、吉増達也、櫻井照久、中村恭子、 粉川庸三、松山健次、内藤泰顯Paclitaxel療法が奏効したDocetaxel耐性乳癌の1例。癌と化学療法 28:511-514.2001.
尾浦正二、谷野裕一、吉増達也、櫻井照久、粉川庸三、 松山健次、広岡紀之、内藤泰顯再発乳癌に対するパクリタキセル療法の有用性。和歌山医学 52:159-161.2001.
尾浦正二、谷野裕一、吉増達也、櫻井照久、粉川庸三、 松山健次、内藤泰顯少量シスプラチンとドキシフルリジン療法が奏効したドセタキセル耐性乳癌の1例。和歌山医学 52:223-225.2001.
尾浦正二、谷野裕一、吉増達也、櫻井照久、粉川庸三、 松山健次、太田文典、内藤泰顯ゴセレリンとタモキシフェンによる治療が著効した閉経前再発乳癌の1例。和歌山医学 52:231-233.2001.
尾浦正二乳癌の化学・内分泌療法。外科 64:809-813.2002.
尾浦正二乳癌術後化学療法における薬剤選択。日本醫事新報,4118:90-91.2003.
尾浦正二化学療法に伴う神経障害性疼痛。クリニシアン 604:80-84.2011.

特別講演、シンポジウム、国際学会等(筆頭発表のみ)

尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、 鈴間孝臣、谷野裕一Anthracycline耐性乳癌に対する小量CDDP+5-FU療法。第57回日本臨床外科医学会総会シンポジウム-再発乳癌の治療、11月8日、福島
Shoji Oura, Takeo Sakurai, Goro Yoshimura, Takeshi Tamaki, Teiji Umemura, Yozo KokawaBiochemical modulation therapy for anthracycline resistant breast carcinoma. First Meeting of The Asian Breast Cancer Society. Tokyo,1997/7/3.
尾浦正二乳癌の薬物療法。第26回阪南乳腺研究会、1999.6.5.於大阪
尾浦正二乳癌の診断と治療。加古川臨床病理勉強会、第8回臨床医のための病理ワークアップセミナー。1999/11/5.於加古川
尾浦正二パネルデイスカッション「日本における補助化学・内分泌療法の現状と展望」Osaka Breast Cancer Workshop、1999/10/16.於大阪。
尾浦正二ドセタキセル療法の基礎的・臨床的検討。第4回乳癌タキソテール勉強会。2000/6/2.於大阪
尾浦正二パネリスト。パネルデイスカッション2 乳癌術後補助療法の現状と展望。Osaka Breast Cancer Workshop Ⅱ、2000/10/28.於大阪
尾浦正二Her2/neu発現と抗癌剤感受性。Herceptin講演会。2002.6.8.於大阪
尾浦正二閉経後乳癌ホルモン療法におけるアロマターゼ阻害剤の役割。第4回Osaka Breast Cancer WorkshopⅣ、2002.10.19.於大阪
尾浦正二乳癌のホルモン療法について。和歌山乳癌勉強会、2003.5.10.於和歌山
尾浦正二乳癌の補助療法。乳癌ケーススタデイカンファレンス、2003.7.25.於奈良
尾浦正二乳癌の薬物療法。第3回和歌山乳癌勉強会、2004.11.12.於和歌山
尾浦正二最新の乳癌アジュバント治療について。第2回大阪南医療センター乳腺勉強会、2005.1.21.於大阪
尾浦正二新規アロマターゼ阻害剤の基礎と臨床。第6回和歌山乳腺疾患研究会、2006.2.25.於ロイネットホテル和歌山
尾浦正二、玉置剛司、吉増達也、太田文典、中村理恵、岡村吉隆pCRを目指した乳癌primary systemic therapy。シンポジウム「乳癌の術前補助療法:現状と未来」、第68回日本臨床外科学会総会、2006.11.9.於広島
尾浦正二病理学的完全効果を目指した乳癌術前化学療法。第21回奈良乳腺疾患研究会、2007.4.21.於かしはら万葉ホール
尾浦正二最近の乳がん術前化学療法トピックス。第4回大阪南乳がんセミナー、2007.6.8.於大阪
尾浦正二乳腺。「ネオアジュバント療法は癌の手術を変えるか?」第182回近畿外科学会、2007.12.8.於大阪
尾浦正二乳癌周術期化学療法。第2回Cancer Board、2008.7.1.於化学療法センター
尾浦正二トラスツズマブ併用化学療法による乳癌非切除治療の可能性。シンポジウム16「新薬導入による乳癌治療の新たな展開」、第47回日本癌治療学会、2009.10.22-24.於横浜
尾浦正二治療効果予測に基づく乳癌治療。和歌山労災病院第1回Cancer Board.2010.1.26.於和歌山労災病院
尾浦正二乳癌の薬物療法。調剤薬局合同勉強会、2010.3.5.於和歌山医大
尾浦正二乳癌の薬物療法。グラクソ・スミスクライン株式会社社内勉強会、2010.3.16.於ホテルグランビア和歌山
尾浦正二乳癌の薬物療法-化学療法を中心に-。大鵬株式会社社内勉強会、2010.10.5.於大鵬株式会社和歌山支店
尾浦正二Halaven Meet The Expert、2012.11.16.於リーガロイヤルホテル堺
尾浦正二最新の乳癌薬物療法。海南薬剤師会研修会、2012.12.6.於海南保険福祉センター
尾浦正二化学療法による末梢神経障害性疼痛。エーザイ社内研修会、2012.2.3.於東京
尾浦正二乳癌の薬物療法、第一三共社内研修会、2012.3.6.於和歌山市
尾浦正二これまでのエビデンスから期待できるエリブリンのポジショニング。ハラヴェン講演会、2013.3.30.於帝国ホテル
尾浦正二乳癌治療における分子標的薬の位置づけ。第7回和歌山県病院薬剤師会 オンコロジー研修会、2014.7.26.於和歌山医大
尾浦正二乳癌薬物療法の基礎。協和発酵キリン株式会社社内勉強会、2014.11.25.於協和発酵キリン株式会社和歌山営業所
尾浦正二HER2陽性乳癌の治療。第13回日本乳癌学会近畿地方会教育セミナー、2015.11.28.於大阪会議場
尾浦正二エベロリムスを上手く使うコツ。北乳会、2016.7.9.於TKP札幌ビジネスセンター赤レンガ前
尾浦正二パネルデイスカッション「閉経後ER陽性進行再発乳癌に対する実臨床における治療」、 Scientific Exchange Meeting in Osaka、2017.4.22.於グランフロント大阪
尾浦正二エベロリムスを上手く使うコツ。Advanced Breast Cancer seminar in 久留米・筑後、2017.1.12.於久留米
尾浦正二ホルモン陽性乳癌の治療。中外製薬社内研修会、2017.11.17.於中外製薬和歌山オフィス
尾浦正二抗HER2療法の新たな展開。第17回和歌山県病院薬剤師会オンコロジー研修会、2018.10.10.於和歌山県JAビル
尾浦正二乳癌分子標的治療の進歩。泉大津乳癌診療セミナー。2019年2月7日、於泉大津市立病院
尾浦正二乳癌薬物療法の進歩〜タモキシフェンからCDK4/6阻害剤まで〜。平成31年第1回和歌山市薬剤師研修会、2019.4.25.於和歌山県薬剤師会館

様々な疾患や手術に関する業績

著書(単著)

尾浦正二 乳癌に対するラジオ波熱凝固療法。117頁、真興交易株式会社医書出版部、東京、2006.11.1.

著書(筆頭著者分のみ)

尾浦正二乳癌の新しい治療法-ラジオ波熱凝固療法-。乳癌-基礎・臨床研究のアップデート-、日本臨床65(増刊6号):428-433.2007.
尾浦正二Radiofrequency ablation:ラジオ波熱凝固療法。戸崎光宏、福間英祐編、乳腺MRI実践ガイド。文光堂、東京、pp212-220.2007.
尾浦正二熱凝固療法。遠藤登喜子編、新しい診断と治療のABC「乳癌」、最新医学社、大阪、pp201-207.2007.
尾浦正二ラジオ波熱凝固療法の可能性。霞富士雄編、乳癌治療のコツと落とし穴。中山書店、東京、pp216-217.2004.
尾浦正二乳がんを切らずに治す。がん克服への道。真興交易(株)医書出版部、東京、pp326-335.2005.
尾浦正二nonsurgical ablation—ラジオ波熱凝固療法の実際—。霞富士雄編、乳腺外科の要点と盲点、文光堂、東京、p314.2005.
尾浦正二原発性乳癌に対するラジオ波熱凝固療法。園尾博司監修、これからの乳癌診療2009-1010.金原出版、2009.pp28-33.
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法。戸井雅和編、みんなに役立つ乳癌の基礎と臨床、医薬ジャーナル社、2009.pp534-541.

論文(筆頭著者分のみ)

尾浦正二、久保謙二、平井一成、西村好晴、吉村吾郎、 桑田俊和、重里政信、西口孝、
櫻井武雄、西山秀樹、坂本晴彦
後縦隔発生Castleman lymphomaの1例。和歌山医学、40:343-347.1989.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、 粉川庸三、北山久雄、桜井幹之UFTで腫瘍縮小が得られた肺扁平上皮癌の1例。KARKINOS 7:1177-1180.1994.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三異所性乳腺に乳腺症と癌を認めた1例。臨床外科 51:233-236.1996.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三癌性髄膜症をきたした乳癌の1例。日臨外医会雑誌 56:2340-2344,1995.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎肋間動脈肺静脈交通症の1例。日胸外会誌 44:97-102.1996.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三Endobronchial metastasisをきたした腎癌の1例。臨床外科 51:927-931.1996.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、 粉川庸三、古川智子Histoculture drug response assay法に基づく化学療法と筋皮弁を用いた手術が有用であったⅣ期進行乳癌の1例。日臨外医会誌 58:94-97.1997.
尾浦正二、乾芳郎、津浦光晴、櫻井武雄Roos変法にて加療した胸郭出口症候群の1例。和歌山医学 47:453-456.1997.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三Meigs症候群を合併した局所進行乳癌の1例。日本臨床外科医学会雑誌 58:981-984.1997.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、 粉川庸三、覚道健一乳腺argyrophilic carcinomaの1例。和歌山医学 49:499-503.1998.
尾浦正二、櫻井武雄、吉村吾郎、玉置剛司、梅村定司、粉川庸三脂肪注入による豊胸術後乳房に微細石灰化がみられた1例。和歌山医学 49:505-508.1998.
Shoji Oura, Takeo Sakurai, Goro Yoshimura, Takeshi Tamaki, Teiji Umemura, Yozo Kokawa, Osamu Masuo, Yasuaki Naito Regression of a presumed meningioma with antiestrogen agent mepitiostane. J Neursurg 93:132-135.2000.
尾浦正二、平井一成、吉増達也、粉川庸三、岡村吉隆Cool-tip RFニードルによる乳癌ラジオ波熱凝固療法。Progress In Medicine 24:2751-2755.2004
尾浦正二、平井一成、吉増達也、粉川庸三、畑和仁、岡村吉隆 乳癌治療における新たな治療戦略 :ラジオ波熱凝固療法。手術59:1166-1172.2005.
尾浦正二乳癌のラジオ波熱凝固療法。日本医事新報、4288:92-93.2006.
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法。Jpn J Intervent Radiol 2006;21:276-279.
尾浦正二ラジオ波熱凝固療法の乳癌治療への応用。Mamma 54:32-33.2006.
Oura S, Tamaki T, Hirai I, Yoshimasu T, Ohta F, Nakamura R, Okamura Y.Radiofrequency ablation therapy in patients with breast cancers two centimeters or less in size. Breast Cancer 14:48-54.2007.
尾浦正二ラジオ波熱凝固療法。手術61:165-169.2007.
尾浦正二低侵襲ラジオ波熱凝固療法。乳癌の臨床 22:252-256.2007.
尾浦正二最新の乳癌治療。和歌山県医師会医学雑誌 36:52-54.2007.
尾浦正二RFAを用いた乳癌手術。臨床外科63:905-910.2008.
霞富士雄、野口昌邦、井本滋、尾浦正二乳癌診療の現況と今後の展望(座談会)。日本医師会雑誌 137:637-656.2008.
尾浦正二RF波による焼灼療法。臨床と研究 85:302-305.2009.
尾浦正二全身療法とラジオ波熱凝固療法による乳癌治療。IVR会誌 24:235-239.2009.

特別講演、シンポジウム、国際学会等(筆頭発表のみ)

尾浦正二癌患者のQOLの向上をめざして。学術講演会、特別講演、1998/6/26.高知。
尾浦正二乳癌治療の最近の知見。第11回奈良腫瘍・免疫研究会。特別講演、1998/8/29.奈良。
尾浦正二乳癌患者に対する癌告知とターミナルケアー。第19回和歌山悪性腫瘍研究会、シンポジウム「癌の告知とターミナルケア」、1998/7/18.和歌山
尾浦正二「肺癌と乳癌と心臓病について」平成11年度和歌山市健康教室。1999/10/17.於和歌山市。
尾浦正二「乳癌の診断について」〜マンモグラフィーを中心として〜。第107回和歌山産婦人科部会研修会、2000/7/15.於和歌山
尾浦正二乳癌の診断と治療。第8回AIAセミナー。主催:東ソー株式会社、20001.1.27.於千里ライフサイエンスセンター。
尾浦正二パネリスト。Osaka Breast Cancer Workshop Ⅲ、2001/10/6.於大阪
尾浦正二乳がん術後補助療法と再発乳がん治療。公開市民フォーラム「知ることからはじまるこれからの乳がん治療」基調講演。2002.1.26.於堺
尾浦正二乳癌の新規治療戦略。和歌山県医師会外科部会学術講演会、2002.9.28.於和歌山
尾浦正二乳癌を見落とさないコツ。シンポジウム、「悪性腫瘍の初期診断の留意点」、第28回和歌山悪性腫瘍研究会、2002.12.23.於和歌山
尾浦正二マンモグラフィーの読み方。第119回和歌山市産婦人科部会研修会、2003.9.6.於JAビル
尾浦正二Case conference。和歌山乳癌勉強会、2003.12.13.於和歌山
尾浦正二乳癌の診断と治療。平成15年度和歌山市医師会外科・整形外科部会講演会、2004.2.14.於和歌山ビッグ愛
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の試み。第66回日本臨床外科学会総会ランチョンセミナー、2004.10.13.於盛岡
尾浦正二乳癌ケーススタデイ・カンファレンス。大阪南医療センター乳腺勉強会、2004.4.23.於大阪
尾浦正二乳癌治療のトピックス。第3回医師の生涯研修プログラム、2004.6.12.於大阪南医療センター
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法。第5回乳癌最新情報カンファランス、2004.7.18.於和歌山
尾浦正二乳がん検診と最新乳癌治療。平成16年度乳がん自己検診普及講習会、2004.7.27.於県民文化会館
尾浦正二乳癌ケーススタデイ、第4回和歌山乳癌懇話会、2004.8.27. 於ホテルグランビィア
尾浦正二ラジオ波熱凝固療法の試み。第42回北陸乳癌懇話会、2004.11.20.於金沢
尾浦正二乳癌の最新治療。第3回和歌山県病院薬剤師会癌関連セミナー、2004.11.30.於和歌山
尾浦正二乳がんはどんな病気。最新の医療カンファランス、2004.12.9.於生涯研修・地域医療センター
尾浦正二ラジオ波熱凝固療法とセンチネルリンパ節生検による乳癌治療。ビデオシンポジウム19「乳腺腫瘍の手術」、第42回日本癌治療学会総会、2004.10.29.於京都
尾浦正二ラジオ波熱凝固療法の試み。ミニシンポジウム「乳癌に対する高周波熱凝固療法」、第42回北陸乳癌懇話会、2004.11.20.於金沢
尾浦正二乳癌を切らずに治す。シンポジウム「機能温存に配慮した悪性腫瘍の治療—適応と限界」、第32回和歌山悪性腫瘍研究会、2004.12.23.於県民文化会館
尾浦正二PSTとRFAによる乳癌治療。第20回進行・再発乳癌勉強会、2005.7.8.於岡山
尾浦正二乳がんの予防と早期診断。平成17年度 女性の健康講座、2005.8.5.於湯浅
尾浦正二乳がん治療の新たな潮流。平成17年度(社)和歌山市薬剤師会、第13回研修会、2005.10.20.於県薬会館
尾浦正二最新の乳癌診療。地域医療フォーラム2005.2005.10.22.於ホテルアバローム
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法。第12回北乳会、2005.11.18.於札幌
尾浦正二マンモグラフィ検診と最新乳癌治療。平成17年度がん予防研修会、2005.12.6.於和歌山県自治会館
尾浦正二これからの乳がん治療。紀南地区市民公開講座「乳がんなんかに負けない。」、2005.11.27.於田辺
尾浦正二乳がんの最新治療。和歌山市医師会市民公開講座「ストップ ザ 乳がん」。2005.11.19.於ビッグ愛。
尾浦正二妊婦の乳癌を見逃さないために。第一回和歌山県母性衛生学会総会、2005.1.29.於和歌山
尾浦正二乳癌に対する新たな治療戦略ーラジオ波熱凝固療法ー。第13回日本乳癌学会、2005.6.10.於倉敷
尾浦正二乳癌を切らずに治すーラジオ波熱凝固療法の臨床応用—。第67回日本臨床外科学会総会、2005.11.11.於東京
尾浦正二ラジオ波熱凝固療法。「乳癌に対する低侵襲医療」、第3回日本乳癌学会近畿地方会、2005.12.3.於大阪
尾浦正二パネリスト。AstraZeneca Breast Cancer Symposium,「乳癌の診断と治療の最前線」、2005.3.18.於大阪
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の試み。第15回日本乳腺甲状腺超音波診断会議、パネルデイスカッション「乳癌に対する低侵襲治療」。2005.10.9.於横浜
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法。第20回高知若手医会、2006.2.4.於高知
尾浦正二乳癌治療におけるラジオ波熱凝固療法の試み。第18回城南乳腺研究会、2006.2.24.於五反田ゆうぽうと
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法。第9回群馬乳腺臨床懇話会、2006.4.14.於前橋
尾浦正二乳癌治療の新たな展開:ラジオ波熱凝固療法と全身療法の接点。乳癌学術講演会、2006.11.17.於彦根
尾浦正二最新の乳癌治療。和歌山県医師会日医生涯教育講座、2006.11.25.於ビッグ愛
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法。第43回九州外科学会、2006.5.20.於福岡
尾浦正二Session 2 Implications for clinical practice in breast cancer treatment- Case study- What’s new in breast cancer treatment strategy. 2006.3.18.於帝国ホテル(東京)
Oura S, Takeshi T, Yosimasu T, Okamura Y.Radiofrequency ablation therapy in patients with small breast cancer. SanAntonio Breast Cancer Symposium, abstr 6103、2006.12.17.於SanAntonio
尾浦正二、平井一成、吉増達也、玉置剛司、太田文典、 中村理恵、岡村吉隆究極の乳房温存療法:ラジオ波熱凝固療法。パネルデイスカッション「乳房温存療法の現状と将来」。第106回日本外科学会総会、2006.3.30.於東京
尾浦正二、平井一成、吉増達也、玉置剛司、太田文典、 中村理恵、岡村吉隆乳癌に対するラジオ波熱凝固療法。プレジデンシャルシンポジウム、第14回日本乳癌学会、2006.7.8.於金沢
尾浦正二早期乳癌に対するラジオ波熱凝固療法:原発巣非切除乳房温存療法の試み。パネルデイスカッション「早期乳癌の温存療法vs温存手術-日本人のエビデンスを求めて-」。第44回日本癌治療学会、2006.10.19.於京王プラザホテル
尾浦正二乳癌最新情報-SABCS2006から-。第7回和歌山乳腺疾患研究会、2007.2.10.於ロイネットホテル
尾浦正二尾浦正二「手術」、第5回日本乳癌学会近畿地方会、2007.12.1.於大阪
尾浦正二乳癌を切らずに治すーラジオ波熱凝固療法の臨床導入—。第7回KBCR学術講演会、2007.2.23.於神戸
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法。第2回乳癌診療Meeting in Kyoto、2007.3.17.於京都
尾浦正二乳癌治療—最近の話題—。第4回大阪乳癌内分泌・化学療法研究会、2007.4.6.於スイスホテル南海大阪
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の試み。第1回大阪大学乳腺疾患談話会、2007.4.21.於ホテルニューオータニ大阪
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の現状と展望。第7回宮城外科フォーラム、2007.6.13、於仙台
尾浦正二Radiofrequency ablation (RFA)。第8回乳癌最新情報カンファランス、2007.7.15.於ワールドトレードセンター(大阪)
尾浦正二乳癌の治療は手術? 第1回那賀地区市民公開講座、2007.8.11.於那賀病院
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法-200例の経験-。第21回沖縄乳癌研究会、2007.8.17.於沖縄
尾浦正二乳癌について。平成19年度健康教室。2007.9.9.於橋本市岸上文化センター
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法-手技を中心に-。第1回武蔵野乳癌研究会、2007.10.20.於新宿
尾浦正二、玉置剛司、吉増達也、太田文典、中村理恵、 内藤古真、岡村吉隆乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の臨床的評価。ワークショップ「乳癌に対するminimally invasive surgery」、第107回日本外科学会総会、2007.4.11.於大阪
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法、シンポジウム2「各臓器におけるRFA治療」、第36回日本IVR学会、2007.5.25.於金沢
尾浦正二ラジオ波熱凝固療法:乳癌への臨床応用。シンポジウム「Non-surgical ablation」。第32回日本外科系連合学会、2007.6.22.於東京
尾浦正二ラジオ波熱凝固療法:乳癌への臨床応用。第45回日本癌治療学会、ワークショップ30「癌治療におけるIVR(Interventional Radiology)の役割」、2007.10.26.於京都
尾浦正二、玉置剛司、吉増達也、太田文典、中村理恵、 清水幸生、清井めぐみ、
内藤古真、岡村吉隆
乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の手技と短期成績。ビデオシンポジウム「乳癌における低侵襲手術」第69回日本臨床外科学会、2007.11.29.於横浜
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法;手技のポイント。第15回日本乳癌学会、2007.6.30.於横浜
尾浦正二マンモグラフィ・超音波研修会、2007.9.8.於和歌山医大
Oura S, Takeshi T, Yosimasu T, Ohta FOura S, Takeshi T, Yosimasu T, Ohta F. Radiofrequency ablation therapy for breast cancer. SanAntonio Breast Cancer Symposium, abstr 4073、2007.12.17.於SanAntonio
尾浦正二最新の乳癌治療。平成19年度生涯研修・地域医療センター研修会、最新の医療カンファランス 第8回「胸部の病気」、2007.1.10.於生涯研修センター
尾浦正二乳がん治療のパラダイムシフト〜薬物療法から最新治療まで〜。神戸Breast Cancer Conference、2008.3.28.於神戸
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法—臨床導入時のポイント。乳癌治療カンファレンス、2008.4.24.於大阪
尾浦正二乳がん治療における最近の話題。第5回大阪南乳がんセミナー、2008.6.20.於大阪
尾浦正二乳がん治療未来予想図—おっぱいを切らずに乳がんは治せるかー。紀北地区市民公開講座「乳がんなんかに負けない。Part2」、2008.7.5.於橋本商工会議所
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の臨床応用。第7回城北乳癌研究会、2008.7.10.於新宿
尾浦正二乳癌診療の現状と今後の展望。地域がん診療連携拠点病院研修セミナー、2008.9.11.於橋本
尾浦正二進化する乳癌治療。ピンクリボン運動in 和歌山2008.、講演会「乳がんなんて怖くない」、2008.10.12.於和歌山地域地場産業センター
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法〜現状と今後の展望〜。第4回四国地区Breast Cancer研究会、2008.10.19.於高知
尾浦正二乳癌におけるラジオ波熱凝固療法。第7回乳癌ケーススタデイカンファレンス、2008.11.8.於奈良
尾浦正二乳癌腫瘍マーカーのガイドライン。第8回和歌山乳腺疾患研究会、2008.2.9.於ロイネットホテル
尾浦正二乳癌検診の現状と問題点。市民フォーラム 長寿を目指して、2008.3.1.於和歌山市民会館
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法:実施上の問題点と短期治療成績。第6回日本乳癌学会近畿地方会、2008.12.6.於京都
Oura S, Tamaki T, Yoshimasu T, Ohta F,
Naito K. Hirai Y. Miyasaka M
Oura S, Tamaki T, Yoshimasu T, Ohta F, Naito K. Hirai Y. Miyasaka M. Radiofrequency ablation therapy:Results in 100 patients with breast cancer. SanAntonio Breast Cancer Symposium, abstr 5153、2008.12.13.於SanAntonio
尾浦正二、玉置剛司、吉増達也、太田文典、清水幸生、 中村理恵、清井めぐみ、
内藤古真、宮坂美和子、岡村吉隆
原発性乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の試み。ワークショップ3「乳癌に対する低侵襲治療」、第16回日本乳癌学会総会、2008.9.27.於大阪
尾浦正二ラジオ波熱凝固療法とセンチネルリンパ節生検による乳癌治療。パネルデイスカッション「乳癌に対する低侵襲治療の現状と展望」、第46回日本癌治療学会総会、2008.11.1.於名古屋
尾浦正二、玉置剛司、吉増達也、太田文典、平井慶充、 内藤古真、宮坂美和子、
岡村吉隆
乳癌に対するラジオ波熱凝固療法:100例の経験から。パネルデイスカッション「乳癌の診断治療における新しい試み」、第70回日本臨床外科学会、2008.11.29.於東京
尾浦正二乳がん治療最前線〜ラジオ波熱凝固療法〜。第52回日本放射線技術学会近畿部会学術大会、2009.2.1.於東急イン
尾浦正二和歌山県の乳癌検診の現状と今後の展望。全国巡回がんセミナー、2009.9.11.於ホテル東急イン
尾浦正二乳癌診療の最新情報。ピンクリボン運動 In 和歌山2009、2009.11.14.於和歌山市中央保健所ホール
尾浦正二乳癌診療ガイドラインの変更点。第9回和歌山乳腺疾患研究会、2009.1.24.於ホテルグランビア和歌山
尾浦正二乳腺疾患の臨床。超音波講習会、紀の川市、JABTS共催、2009.8.1.於和歌山県立高等看護学校
尾浦正二、玉置剛司、吉増達也、
前部屋進自、中村理恵、平井慶充、
太田めぐみ、宮坂美和子、岡村吉隆
乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の治療成績。ワークショップ「乳癌低侵襲手術はどこまできたか」、第71回日本臨床外科学会、209.11.19-21.於京都
尾浦正二特別企画2 乳癌RFA治療の保険収載に向けてのストラテジーについて。第5回乳癌低侵襲治療研究会、2009.7.4.於東京
尾浦正二治療成績からみた乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の適応と問題点。パネルデイスカッション、第6回乳癌低侵襲治療研究会、2010.6.25.於札幌
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法:局所制御効果と問題点。パネルデイスカッション「局所療法」、第48回日本癌治療学会総会、2010.10.29.於京都
尾浦正二最新の乳癌治療。日高医師会定時総会、2010.2.27.於日高医師会館
尾浦正二あなたのお乳は大丈夫?乳がん検診キャンペーン、於オークワパームシテイ、2010.4.17.
尾浦正二乳癌の基礎から最新治療まで。和歌山市薬剤師会学術講演会、2010.6.17.於和歌山市薬剤師会館
尾浦正二乳がんの薬物療法〜最新治療を中心に〜、市民公開講座「乳がんで命をおとさないために」2010.6.20.於ロイネットホテル
尾浦正二見落しやすい乳癌。第4期乳がんTV講座 2010.9.17.於ダイワロイネットホテル和歌山
尾浦正二乳癌の治療について。ピンクリボン運動 in和歌山2010. 2010.9.26.於日赤和歌山医療センター看護学校
尾浦正二乳がんの最新治療について。県民公開講座 乳がん最新治療講演会、2010.10.3.於ビッグ愛
尾浦正二特別講座「乳がん治療の現状と展望」、2010.11.6.於御坊
尾浦正二女性外科医育成の工夫。女性医療人支援講座、2010.12.14.於和歌山県立医科大学
尾浦正二乳腺疾患の超音波診断。第1回乳腺画像研修会、2010.3.6.於和歌山ビッグ愛
尾浦正二最新の乳癌診療。医成華岡青洲生誕250年記念乳がん検診啓発講演会、2011.1.15.於紀の川市(ホール田園)
尾浦正二進行・再発乳癌治療の現状。Tanabe Breast Cancer Workshop、2011.6.25.於ビッグU
尾浦正二乳癌診療のUp To Date.和歌山市産婦人科部会研修会、2011.8.20.於ビッグ愛
尾浦正二乳がんの最新治療。御坊市保健所管内市町村保険師研修会、2011.12.13.於御坊市役所
尾浦正二乳癌治療の最新の動向。大阪南乳癌勉強会、2011.12.15.於大阪南医療センター
尾浦正二乳腺超音波-乳がんを見落さないコツ-。第11回和歌山乳腺疾患研究会、2011.1.29.於ホテルアバローム紀の国
尾浦正二乳房超音波について、和歌山県乳がん検診従事者研修会、2011.2.5.於和歌山医大
尾浦正二乳癌の臨床〜骨転移を中心に〜。第一三共社内勉強会、2011.6.29.於第一三共株式会社和歌山支店
尾浦正二再発乳がん治療の新たな試み。市民公開講座「乳がん治療〜再発してもあきらめない〜。」2011.9.24.於ビッグ愛
尾浦正二乳がんの治療について。講演会「もっと知って!乳がんのこと〜笑顔でいるために〜」、2011.10.16.於オークワパームシテイ和歌山
尾浦正二乳癌の最新診療。第8回最新の医療カンファランス、2012.1.12.於生涯研修・地域医療センター
尾浦正二乳癌手術の最近の動向。2012.7.14.於ビッグ愛
尾浦正二平成23年度 和歌山県乳がん検診従事者研修会「マンモグラフィ検診と超音波検診」、2012.2.25.於和歌山館
尾浦正二乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の中期成績と克服課題。ワークショップ「乳癌低侵襲治療の適応と限界」、第112回日本外科学会、2012.4.11-13.於千葉
尾浦正二激変する乳癌手術。和歌山県医師会外科部会学術講演会、2013.2.2.於ホテルアバローム紀の国
尾浦正二再発乳がん治療の現状と展望。市民公開講座「乳がん診療2013」、2013.8.3.於和歌山ビッグ愛
尾浦正二乳癌診療の基礎知識。ピンクリボン運動in和歌山「もっと知って!!乳癌のこと」〜笑顔でいるために。2013.9.29.於金屋文化保健センター
尾浦正二乳癌治療のdecision making。ノバルテイス社内勉強会、2013.10.26.於フォルテワジマ
尾浦正二組織亜型別乳がん治療戦略。大坂南医療センターセミナー、2013.10.31.於大坂南医療センター
尾浦正二超音波読影模擬試験の解説。平成24年度和歌山県乳がん検診従事者研修会、2013.2.9.於わかやま館
尾浦正二ゲスト 園まり、パネリスト 板倉徹、尾浦正二、乳癌患者「乳がん撲滅にむけて」、和歌山県医学偉人シンポジウム、2014.2.13.於和歌山医大
尾浦正二乳癌診療の進歩。市民公開講座「和歌山県の乳癌診療を考える」、2014.5.31.於和歌山ビッグ愛
尾浦正二もっと知って!乳がんのこと。町民健康づくり講座、2014.1.26.於湯浅町総合センター
尾浦正二乳癌診療の最新情報.平成26年度生涯研修センター研修会 最新の医療カンファレンス.2014/9/11,和歌山県立医科大学
尾浦正二乳癌診療のdecision making.2014.11.1.大阪南医療センター
尾浦正二特殊型乳癌。第14回和歌山乳腺疾患研究会、2014.2.1.於ホテルグランビア
尾浦正二乳癌の画像と病理。和歌山県乳がん検診従事者講習会、2014.3.1.於ビッグ愛
尾浦正二乳腺疾患の画像診断、平成26年度和歌山県乳がん検診従事者講習会、2015.3.7.於和歌山ビッグ愛
尾浦正二乳癌診断のpitfall。第9回近畿産婦人科乳腺医学会学術集会。2015.8.23.於大阪医大
尾浦正二第2回Breast Cancer Board Japan Meeting、2015.11.21.於千里ライフサイエンスセンター
尾浦正二乳腺疾患診断のポイント。和歌山県乳がん検診従事者講習会、2016.1.30.於ビッグ愛
尾浦正二和歌山県立医科大学の乳癌治療の現状、泉大津乳癌セミナー、2016.1.29.於泉大津市民病院
尾浦正二激変する乳がん診療—適切な診療を受けるコツー。開放型病院17周年記念講演会、2016.2.27.於和歌山病院
尾浦正二ルミナル乳癌の治療戦略。ノバルテイスファーマ社内勉強会、2016.7.5.於和歌山JAビル
尾浦正二ガイドラインから見た乳癌治療。泉大津にゅうがん診療セミナー、2017.1.19.於泉大津市立病院
尾浦正二進化する乳がん診療。市民公開講座「和歌山県における乳がん診療の現状と展望」、2017.6.3.於ビッグ愛
尾浦正二 Discussion「和歌山県におけるHBOC診療耐性の構築に向けて」、HBOC-Scientific Exchange Meeting in Wakayama、2017.7.6.於ホテルグラヴィア
尾浦正二乳癌の診断と治療。エーザイ社内勉強会、2017.1.6.於エーザイ株式会社和歌山コミュニケーションオフィス
尾浦正二ガイドラインから見た乳癌治療。泉大津乳癌診療セミナー、2017.1.19.於泉大津
尾浦正二乳腺疾患診断の基礎とpitfall。平成28年度和歌山県乳がん検診従事者研修会、於和歌山県勤労福祉会館プラザホール
尾浦正二最新の乳癌治療。泉大津乳癌診療セミナー。2018年2月8日、於泉大津私立病院
尾浦正二乳癌画像診断:感度と特異度を上げるポイント、平成29年度和歌山県乳がん検診従事者研修会、2018年2月17日和歌山県勤労福祉会館プラザホール
尾浦正二乳癌の診断と治療。基礎から応用まで。武田薬品工業医学教育会、2018.3.6.於武田薬品工業株式会社 和歌山営業所
尾浦正二医聖・華岡青洲と最新の乳がん治療。第45回日本産婦人科医会学術集会、2019.10.6.於リーガロイヤルホテル大阪
尾浦正二乳がん予防と最先端治療。第2回みんなの健康フェア、2018/10/28、於フォルテワジマ
尾浦正二乳癌の臨床と病理。第40回マンモグラフィ技術講習会。2019.3.2.於和歌山県勤労福祉会館。
尾浦正二乳癌治療のdecision making.大鵬薬品工業車内研修会、2019.10.29.於大鵬薬品工業和歌山出張所
尾浦正二症例から学ぶ乳癌診療。泉大津市立乳癌診療セミナー。2020.2.6.於泉大津市立病院
お問い合わせ 和泉市立総合医療センター専攻医 湘南鎌倉医療大学 ピアレビュー 内視鏡医募集サイト 職員専用バナー