診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
院長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 病院概要 臨床指標 JCI認証 DPC 病院情報の公表
臨床研修医・専攻医 薬剤師 看護師 PT/OT 臨床検査技師 臨床工学技士 診療放射線技師 歯科衛生士 栄養科厨房補助員 事務員(中途) ボランティア
main image
HOME > 診療科のご案内 > 神経内科 > 診療内容

診療内容

どのような症状の方が神経内科を受診されるか?


①頭痛・めまい
②手足がしびれる
③フラフラしてうまく歩けない・転倒することが多い
④意識が突然なくなる・突然ボーとする
⑤物忘れがひどい・話がトンチンカン
⑥物が二重に見える・まぶたが下がる・しゃべりにくい
⑦顔がゆがんでくる・顔がピクピク動く
⑧手足が動かしにくい・動作がのろい
⑨手足が震えたり、勝手に動く


などが、代表的な患者さんの訴えとなります。


上記のような症状でお悩みであったり、思いがけない症状でお困りの方は、一度神経内科を受診ください。

神経内科には、どのような病気の方が通院されているか?


①脳卒中後遺症
②パーキンソン病
③アルツハイマー病
④脊髄小脳変性症
⑤多発性硬化症
⑥運動ニューロン病
⑦末梢神経障害
⑧てんかん
⑨片頭痛
⑩片側顔面痙攣・眼瞼痙攣


等、難しい名前の病気が並んでいますが、最近は神経内科の病気にも、数々の薬が承認され、治療は日進月歩であります。