診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
院長あいさつ 総長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 病院概要 臨床指標 病院情報の公表
臨床研修医・専攻医 薬剤師 看護師 理学・作業療法士 臨床検査技師 管理栄養士 病院ボランティア
main image
HOME > 診療科のご案内 > 救命救急センター > 医師・研修医の方へ

医師・研修医の方へ

当科での診療体制

当院は大阪でもトップを誇る救急件数を受け入れていますが、当科ではそのほぼすべての初療に携わります。また集中治療も経験することで、内科系疾患・外科系疾患、重症軽症を問わず多くの救急疾患患者の診療に携わることができます。病棟診療は複数主治医制をとっており、朝夕の綿密なカンファレンスを元に治療方針の決定を行っています。また教育にも力を入れており、毎朝初期研修医向けのレクチャーも行っています。

救急科専門医コース

救急専門医コースは“岸和田徳洲会病院 離島・地域・都市型包括的救急科プログラム”と称し、専攻医は重症救急患者ERおよび集中治療を行っている救命救急センターである基幹施設(岸和田徳洲会病院)、ER型救急診療および集中治療救急診療を行っている都市型研修施設(福岡徳洲会病院)、大阪府の地域救急医療を担っている地域型研修施設(八尾徳洲会総合病院、野崎徳洲会病院および松原徳洲会病院)、および離島の救急診療のみでなく一般外来診療、病棟診療、在宅診療などの研修およびヘリコプターによる島外搬送の研修ができる鹿児島県離島研修施設(屋久島徳洲会病院、名瀬徳洲会病院、与論徳洲会病院および沖永良部徳洲会病院)で研修できるプログラムです。また基幹病院間連携の専門研修では、外傷救急外科やヘリ搬送の研修ができる和歌山県立医科大学高度救命救急センターおよび救急循環器疾患やECMO研修ができる宇治徳洲会病院での研修を選択できるプログラムです。

もう一つのプログラムの特徴として、徳洲会病院の全研修施設は同一の電子カルテシステム、雇用システム、給与システムであり、診療施設をローテーションする手続きが必要でなく、専攻医は専門研修期間の診療実績も容易に検索でき、さらに施設間の情報交換が統一されたテレビ会議システム(Live On®)でできることです。

サブスペシャリティーコース

日本集中治療医学会専門医、日本中毒学会クリニカルトキシコロジストなどの専門資格を得ることができます。チームで診療していることからOnとOffのメリハリをつけた研修が可能となり、ICLS、ACLS、PALS、ISLS、MCLS、JPTEC、JATEC、MIMMS、日本DMATなどのプロバイダー・インストラクターなどの資格が取得しやすい環境で、学会参加も国内外を問わず病院からの資金提供を受けフレキシブルに行えます。

さらに院内・院外の他科研修コースとして、消化管内視鏡、気管支鏡、心・腹部エコー、整形外科、一般外科、循環器内科など希望に応じて診療部門を選択していただき、各人の目指す救急医の姿を応援します。

救急指導医コース

当院は日本救急医学会の指導医施設に認定されており、救急専門医を取得後7年間で日本救急医学会指導医の資格が取得できます。指導医コースでは院内のみでなく院外でもスブスペシャリティーの研修ができます。