診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
院長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 病院概要 臨床指標 JCI認証 DPC 病院情報の公表
臨床研修医・専攻医 薬剤師 看護師 PT/OT 臨床検査技師 臨床工学技士 診療放射線技師 歯科衛生士 栄養科厨房補助員 事務員(中途) ボランティア
main image
HOME > 診療科のご案内 > 脳神経外科 > 医師・研修医の方へ

後期研修プログラム

基本理念

脳神経外科は脳血管障害、脳・脊髄腫瘍、頭部外傷、機能的神経疾患などを外科的に治療する科です。脳神経外科では迅速で正確な診断と治療が要求され、対応の遅れが重篤な後遺障害の原因となることがあります。その反面、適切な治療で患者さんが回復したときの主治医の喜びは何物にも代えがたいものです。神経を病んだ患者さんが治療を通じて回復していく喜びを私たちとともに経験し、脳という臓器の重要性、美しさを実感していただくことが後期研修の基本理念です。


また、脳神経外科の診療は、神経症候のベッドサイドでの診断や各種検査の読影、治療手技など、すべてが解剖学、生理学に基づいたものであることを、後期研修を通じて再認識していただきたいと思います。

プログラムの目的

初期研修で得た臨床経験を基盤にして、さらに専門的な診療能力を身につける。最終的には脳神経外科専門医に値する技能を修得することを目的としています。


※日本脳神経外科学会専門医は、卒後2年間の初期研修後、指定訓練施設で4年間の脳神経外科研修プログラムをおこなった後に受験資格が与えられます。脳神経外科専門医資格を得ることが他の神経系の学会(日本脳卒中学会、日本脳血管内治療学会、日本脊髄外科学会)の専門医資格を得る前提となります。岸和田徳洲会病院は日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会の専門医認定制度による研修教育病院として認定されています。

岸和田徳洲会病院脳神経外科では脳卒中の外科治療医としてのサブスペシャリティーを確立することができます。希望者は関連施設や大学病院(和歌山県立医科大学など)で脳血管内治療の研修も可能です。

プログラムの期間

4年間

研修目標

以下の項目の修得を目標としています。


1-2年次

  1. 脳神経外科疾患についての正確な神経学的診察
  2. 救急疾患に対する優先度に従った検査と治療
  3. インフォームドコンセントに基づいた診療
  4. 正確で迅速な手術適応の判断
  5. リハビリテーションを含めた周術期の管理
  6. 神経放射線学検査の読影
  7. 神経生理学検査の理解
  8. 脳血管撮影の術者
  9. 血管内治療の助手
  10. 穿頭術、一般開頭術の術者
  11. 顕微鏡手術の助手

3-4年次

  1. 顕微鏡手術の術者
  2. 科学的な臨床研究と学会発表
  3. 初期研修医の指導

週間予定

  Mon. Tue. Wed. Thu. Fri. Sat.
8:00 SCU回診 SCU回診 SCU回診 SCU回診 SCU回診 SCU回診
8:30 外来/
アンギオ
外来/
アンギオ
手術 外来/
アンギオ
外来/
アンギオ
外来
15:00 ストローク
チーム
総回診
    脳神経外科
総回診
ストローク
チーム
カンファレンス
 
16:00         抄読会
(脳神経外科
・神経内科)
 

待遇

  後期研修医 常勤医師
選考方法 面接
条件
身分
岸和田徳洲会病院常勤医師
給与 3年次: 8,300,000円
5年次:11,500,000円
※諸手当含む
10年次:14,000,000円
※諸手当含む
諸手当 当直手当(3年次@22,000円、4年次以降@27,000円)、夜診手当(@12,000円)、拘束手当、呼出手当、住宅手当(上限50,000円)、家族手当(配偶者16,000円、第2子まで5,000円、その他2,000円)
各種保険 健康・厚生・雇用・労災各種完備
勤務時間 月~金 8:30~17:00、当直 16:00~8:30、土 8:30~12:30
休日 4週8休 有給:年14~最大20日、夏期休暇:2~4日、年末年始休暇4日
宿舎
社宅借り上げ可
学会参加
可・出張扱い(演題ありの場合全額補助、なしの場合年2回まで病院から補助)
その他 医療費減免、人間ドック年1回無料

連絡先

TEL  072-445-9795
Mail  kishiwada-kenshu@tokushukai.jp
研修医対策室  椋本(むくもと)・武島までお問合せ下さいませ。