診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
院長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 病院概要 臨床指標 JCI認証 DPC 病院情報の公表
臨床研修医・専攻医 薬剤師 看護師 PT/OT 臨床検査技師 臨床工学技士 診療放射線技師 歯科衛生士 栄養科厨房補助員 事務員(中途) ボランティア
main image
HOME > 診療科のご案内 > 脳神経外科 > 治療方法

治療方法

主な治療方法

当科でおこなっている主な疾患の治療方法をご紹介します。
治療法 脳動脈瘤クリッピング術
対象疾患 脳動脈瘤
治療方法・内容 脳動脈瘤の治療は動脈瘤の形、場所、患者さんの年齢や合併疾患など、症例ごとによく検討して手術法を選択します。手術は基本的に最小限の剃毛・皮膚切開・骨切開で行います。
脳動脈瘤クリッピングのCT血管造影(術前と術後);左では矢印の部分に脳動脈瘤が写っていますがクリップ(青色)ではさむことにより根治できています。
治療法 脳動脈瘤コイル塞栓術
対象疾患 脳動脈瘤
治療方法・内容 当院では脳神経血管内治療専門医が常勤していますので、血管内治療の方が低リスクで確実性が高いと考えられる患者さんにはコイル塞栓術を行っています。私たちの病院では1つの治療を第1選択にするのではなく、患者さんごとに最適な治療を選択することで脳動脈瘤治療全体の成績を向上させるよう努力しています。
治療法 頸動脈ステント
対象疾患 頚動脈狭窄症
治療方法・内容 循環器科との合同チームで積極的に治療にあたっています。術前後には脳血流を詳細に調べ、合併症をより少なくするよう努めています。
頚動脈狭窄症は最近増加している病気ですが、このように「切らずに治せる」治療も進んできています。 頚動脈ステントの血管造影(術前と術後);左では矢印の部分の動脈が狭くなっていますがステントを入れて広げています。
治療法 開頭腫瘍摘出術
対象疾患 脳腫瘍
治療方法・内容

良性脳腫瘍の手術では、腫瘍の全摘出を目指すと同時に、患者さんの生活レベル(QOL)が落ちないよう合併症のない手術を心がけています。悪性脳腫瘍に対しては放射線治療などを組み合わせ、最善の治療法を選択します。


手術難易度の高い脳腫瘍の手術症例のMRI(術前と術後)
頭蓋の深部にある脳腫瘍は良性でも完治が困難ですが、最新の手術方法で全摘出が可能です。

治療法 神経血管減圧術
対象疾患 顔面けいれん、三叉神経痛
治療方法・内容 脳血管が神経を圧迫して起こる半側顔面けいれんや三叉神経痛には圧迫を解除する根治術を行っています。過去5年の成績は、術後の改善率は全体で約95%(→ 1例再手術をおこない治癒)、再発率0%、合併症率は約5%(→ 一過性の顔面神経麻痺)でした。
「顔面がぴくぴくする」、「顎や頬に激痛が走る」などの症状の方は、手術で完治させることができますので受診をお勧めします。
治療法 水頭症手術(シャント手術)
対象疾患 正常圧水頭症
治療方法・内容 認知症・歩行障害・尿失禁で発症する特発性正常圧水頭症の患者さんには侵襲の少ない腰部腹腔(LP)シャントを行っています。頭部の剃毛も不要で退院後の社会復帰が早くなります。
正常圧水頭症のCT(術前:上と術後:下);脳に水がたまり、脳室(矢印)が大きくなっていましたが、腰部から腹腔にシャントを入れて脳室が小さくなっています。この患者さんは認知症が改善しました。