診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
院長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 個人情報の利用目的 病院概要 臨床指標 地域医療支援病院 JCI認証 認定証書 DPC メディア掲載情報 病院情報の公表
初期研修医・専攻医・医師スタッフ 看護師 看護補助者(中途) 薬剤師 理学療法士(中途) 作業療法士(中途) 臨床工学技士 健康管理センター(臨床検査技師 非常勤・中途採用) 健康管理センター(事務員・中途採用) 臨床研究コーディネーター(CRC) 事務員(広報担当業務) 事務員(国際医療支援室) 事務員(総務課・中途採用) 事務員(システム担当・新卒) 事務員(システム担当・中途) 事務員(医療事務) 事務(医療ソーシャルワーカー・新卒) 事務(医療ソーシャルワーカー・中途) 救急救命士(中途)
main image
HOME > 診療科のご案内 > 消化器内科 > 設備紹介

検査

胃内視鏡検査(胃カメラ)

静脈麻酔を用いてとても楽に検査ができます。最新の内視鏡機器がそろっており、5mm以下の小さな癌を見つけるトレーニングを積んだ内視鏡医が検査を行います。 早期胃がんの半数は何の症状もない方に見つかっています。日本人は特に胃癌が多い民族です。治る胃がん(早期がん)の内に見つけるためには毎年内視鏡検査をお受け下さい。 他施設で辛い思いをされた方も一度ご相談下さい。一般的な検査時間は10-15分程度です。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査も胃内視鏡検査と同様に、これからは定期的にお受け頂く時代です。健診の便鮮血検査で引っかかった方、一度検査を受けてみようと思われる方、他施設でつらい思いをされた方など一度お気軽にご相談下さい。
大腸がんはポリープから何年もかけてがんになります。そのため検査は2,3年に1度で十分です。1cm程度までのポリープは内視鏡を行ったときにその場で切除可能です。当院では入院せず日帰りで治療を行います。「ぜんぜん苦しくなかった」とのお褒めの言葉も多数頂いております。
胃カメラと同じ日に受けることもできますのでご希望の方はお申し出下さい。女性の患者様で女医による検査をご希望の方もお申し出下さい。

設備

設備のご紹介

内視鏡ベッド 8台、透視台2台

内視鏡

上部消化管では胃や食道、下部消化管では大腸など消化器官の検査や治療を行います。
チューブ状になっているカメラの外系は細いもので3mmと非常に細く、口や肛門からカメラを挿入して検査をし、治療が必要な場合はカメラ先端から端子を出して治療を行うので、メスを入れて切ることなく患者さんの負担が少ないのが特徴です。

上部内視鏡

GIF-HQ290 4本、GIF-H260Z 11本、GIF-H260 2本、GIF-Q240Z 2本、GIF-Q240 9本

大腸内視鏡

CF-HQ290I 4本、CF-HQ260AZI 9本、CF-HQ260AI 4本
PCF-Q260AZ 1本、PCF-PQ260L 1本、PCF-PQ260I 1本
CF-Q240AI 2本、CF-240AI 1本、CF-240I 2本

小腸内視鏡

GIF-HQ290 4本、GIF-H260Z 11本、GIF-H260 2本、GIF-Q240Z 2本、GIF-Q240 9本

十二指腸内視鏡

JF-260V 2本、JF-240V 1本

スパイグラスDS 胆管・膵管鏡システム

SpyGlass™ DS 1式