診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
院長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 個人情報の利用目的 病院概要 臨床指標 地域医療支援病院 JCI認証 認定証書 DPC メディア掲載情報 病院情報の公表
初期研修医・専攻医・医師スタッフ 看護師 看護補助者(中途) 薬剤師 診療放射線技師(2023年4月1日採用) 理学療法士(中途) 作業療法士(中途) 臨床工学技士 健康管理センター(臨床検査技師 非常勤・中途採用) 健康管理センター(事務員・中途採用) 臨床研究コーディネーター(CRC) 事務員(広報担当業務) 事務員(国際医療支援室) 事務員(総務課・中途採用) 事務員(システム担当・新卒) 事務員(システム担当・中途) 事務員(医療事務) 事務員(診療情報管理室) 事務(医療ソーシャルワーカー・新卒) 事務(医療ソーシャルワーカー・中途) 救急救命士(中途)
main image
HOME > がん拠点病院 > オンコロジーセンター

オンコロジーセンター

特徴

当院のオンコロジ-体制は、医師を中心に看護師・薬剤師・放射線技師・医療ソ-シャルワ-カ-・事務職員などの担当スタッフで構成され、病院全体で患者様の集学的がん治療に取り組んでいます。2004年4月よりオンコロジ-委員会を立ち上げ、毎月1回委員会を開催すると共に、化学療法委員会・集学的がん治療委員会・緩和治療委員会・がん登録委員会を組織し、化学療法、放射線療法、緩和ケアなど幅広くがん治療ができる体制を整えております。
2004年7月から外来化学療法を開始し、2006年9月に現在の外来化学療法室を開設し、薬剤師による安全キャビネット内での化学療法剤の調製を実施しています。

外来化学療法

現在外来化学療法の実施件数は1ヶ月で150件以上となり、疾患としては大腸がん、胃がん、食道がん、膵臓がん、前立腺がん、肺がんなどを中心に治療しています。
化学療法委員会で審議したガイドラインに沿った登録レジメンを使用し、電子カルテによるシステム運用にて標準化した化学療法を提供しています。
処方は前日までに医師・薬剤師の2重チェックを実施し、処方の誤りのないようにしています。
当日は主治医が患者さまを診察し、体調や検査デ-タを確認した後化学療法の実施を判断します。実施が決まれば外来化学療法室内の調製室にて薬剤師が化学療法剤のミキシングを開始し、随時患者さまに投与されます。副作用については医師・看護師が中心に対応し、患者さまが安全に安心して化学療法を受けて頂ける体制づくりに日々努力しています。

main image

main imagemain imagemain image

スタッフのレベルアップ

病院スタッフのレベルアップのため全職員対象に年3回の勉強会を開催すると共に、2010年度より「オンコロジ-エキスパ-ト研修会」を企画し実施しています。7回の講義修了後に修了試験を実施し、現在97名のオンコロジ-エキスパ-ト研修修了者を送り出しました。患者様に安心して治療を受けて頂ける環境づくりのため、メディカルスタッフの専門家育成に努力しています。

main imagemain image

大阪府がん診療連携拠点病院

2011年4月より「大阪府がん診療連携拠点病院」として認定され、がん治療の地域連携にも力を注いでいます。今後も、より充実したがんの集学的治療を目標として、常に最新の技術や医薬品の導入に努めながら、外科手術、放射線療法、化学療法、緩和治療の充実を図ると共に、検診による早期発見と予防にも力を入れ、地域医療に貢献できるよう努力していきたいと考えます。