診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
総長あいさつ 院長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 病院概要 臨床指標 地域医療支援病院 JCI認証 認定証書 DPC メディア掲載情報 病院情報の公表
初期研修医・専攻医・医師スタッフ 看護師 薬剤師 診療放射線技師 臨床検査技師(新卒) 理学療法士(中途) 健康管理センター(臨床検査技師 非常勤・中途採用) 臨床研究コーディネーター(CRC) 事務(医療ソーシャルワーカー)(中途) ボランティア
main image
HOME > がん拠点病院 > 緩和ケア

緩和ケア

緩和ケアとは、患者さまやご家族が、がんに伴うさまざまな体と心のつらさを和らげ、生活やその人らしさを大切にするという考え方です。
がんの療養中には、痛みや吐き気、食欲低下、だるさなどの体のつらさを経験することがあります。また、病状の変化や治療において、気持ちが落ち込んだり、絶望感などの心つらさを経験することもあります。 体や心のつらさは、患者さん一人ひとり程度は異なるものです。体や心のつらさの程度が大きくなり、長時間続くと日常生活に支障をきたし、療養生活の質や治療に影響することがあります。そのため、緩和ケアを受けることは、患者さんらしい生活を送っていけることにつながると考えられています。
当院には、がん相談の窓口もあります。

当院の緩和ケアチーム

当院は、2005年度に緩和ケアチームを立ち上げて、患者さまやご家族が緩和ケアを受けられるようにサポートする活動を開始しました。
チームメンバーは、医師、薬剤師、看護師、理学療法士、医療ソーシャルワーカーです。看護師は、がん性疼痛看護認定看護師、がん放射線療法看護認定看護師と病棟看護師、訪問看護師などがおり、入院生活だけではなく、在宅での療養もサポートしています。また、必要時には、その他の専門職とも連携しています。
緩和ケアチームでは、患者さまやご家族の体と心のつらさを緩和するサポートをします。
主治医の診療に加えて、緩和ケアチームの診療を受けていただくので、主治医が変わることはありません。
主治医から、緩和ケアチームの診療を勧められることもありますが、患者さまやご家族からも希望することもできます。つらい症状があるときには、我慢するのではなく緩和ケアを受けるようにお勧めします。
緩和ケアについて、話を聞きたい、緩和ケアを受けたい、という時には主治医や看護師にご相談ください。

緩和ケア外来

外来通院中の患者さまに対して、緩和ケア医が行う外来です。 入院中に緩和ケアチームの診療を受けていた患者さまも、退院後に引き続き、緩和ケア外来で診療を受けていただくことができます。
緩和ケア外来の診療を希望される患者さまは、主治医にご相談ください。
緩和ケア科についての詳細はこちらをご参照ください。