診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
院長あいさつ 総長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 病院概要 臨床指標 病院情報の公表
臨床研修医・専攻医 薬剤師 看護師 臨床検査技師 CRC 診療放射線技師 事務員(新卒) 事務員(中途) ボランティア
main image
HOME > 診療科のご案内 > 腹膜播種センター > 腹膜切除による完全切除率

腹膜切除による完全切除率

2004年6月から2015年7月までに当センターで治療した2863例のうち1733例(60.5%)に播種の切除・Ctoreductive surgery (CRS)が行なわれた。このうち腹膜切除により1046例(60.4%)で播種と原発巣の完全切除が行なわれた(表―1)。
不完全切除の原因は小腸間膜の広範な転移・併存症例・高齢者・完全切除不可能な広範な播種などであった。特に小腸間膜の転移は胃癌・大腸癌・腹膜中皮腫で不完全切除の大きな原因であると同時に、予後不良なサインでもある。

表―1;過去8年間で治療した主な疾患と完全切除率

術前化学療法施行例 手術例 完全切除例
胃癌 892 420 227
腹膜偽粘液腫 1106 825 484
大腸癌 455 240 183
小腸癌 45 28 18
腹膜中皮腫 37 32 8
卵巣がん 262 142 93
胆嚢・胆管・膵癌 46 31 21
肉腫 20 15 12
  2863 1733 1046