診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
院長あいさつ 総長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 病院概要 臨床指標 JCI認証 病院情報の公表
臨床研修医・専攻医 薬剤師 看護師 臨床検査技師 診療放射線技師 歯科衛生士 事務員(新卒) 事務員(中途) ボランティア
main image
HOME > 診療科のご案内 > 腹膜播種センター > 当科で行なっている手術方法と周術期化学療法

当科で行なっている手術方法と周術期化学療法

図―1に示すのが我々の治療方法である。
腹膜播種の診断を腹腔鏡で行なう。腹腔鏡は全身麻酔下に行なう。腹膜播種の分布・量・腹膜播種係数(Peritoneal Cancer Index;PCI)を記録する(図ー4)。同時に温熱化学療法(Hiperthermic Intraperitoneal Chemo-Perfusion;HIPEC)を行なう。過去の文献や研究でエビデンスのある抗がん剤を疾患別に添加した生食水3-4Lを43度に温め、体外循環装置を用いて40分間腹腔内を還流する。閉腹時に腹腔ポートを挿入し、細胞診や腹腔内化学療法を行えるようにする。この方法をおこなった250例では合併症はなく、術後平均4-7日で退院できる。
その後、腹腔ポートから術前腹腹腔内化学療法を行い再度腹腔鏡を行う。完全切除ができるか否かを診断し、完全切除できる場合は3ー4週後に開腹手術を行なう。完全切除できないと判断した場合、抗がん剤の投与を継続する。
完全切除できるか否かは腹腔鏡検査、CT/MRIによる腹腔内・後腹膜への深部浸潤診断・PET-CT/CTによる腹部外の転移巣の存在,疾患別に設定したPCI閾値で判定する。