診療科のご案内 外来のご案内 入院のご案内 健診・人間ドック 面会のご案内 交通アクセス
総長あいさつ 院長あいさつ 病院の沿革 病院の理念 患者様の権利 包括同意について 個人情報保護方針 病院概要 臨床指標 地域医療支援病院 JCI認証 認定証書 DPC メディア掲載情報 病院情報の公表
初期研修医・専攻医・医師スタッフ 看護師 薬剤師 診療放射線技師 臨床検査技師(新卒) 理学療法士(中途) 作業療法士(中途) 健康管理センター(臨床検査技師 非常勤・中途採用) 臨床研究コーディネーター(CRC) 事務(医療ソーシャルワーカー・新卒) 事務(医療ソーシャルワーカー・中途) 事務員(システム担当・新卒) 事務員(システム担当・中途) 救急救命士(中途)
main image
HOME > 診療科のご案内 > 腹膜播種センター > この包括的治療の成績,予想される利益

この包括的治療の成績,予想される利益

2004年4月から6年間に手術が行なわれた胃癌114例、大腸癌91例、腹膜偽粘液腫553例、小腸癌19例、膵・胆道癌9例、悪性中皮腫20例、卵巣癌86例、脂肪肉腫/MFH11例の完全切除率・50%生存期間・5年生存率を表2に示す。すべてに疾患で完全切除により5年以上の長期生存が得られた。不完全切除で長期生存したのは腹膜偽粘液腫のみであり、胃癌・大腸癌・卵巣癌・小腸癌・肉腫では腫瘍が遺残した例は予後不良であった。
胃癌では抗がん剤単独治療例の予後は術前抗がん剤投与+不完全切除と同じであった。
胃癌では完全切除できない場合はQOLを落とすような手術を避けて、抗がん剤投与を継続することが必要である。

表―2:

疾患  症例数  5年生存率 5年生存率
完全切除 不完全切除
胃癌 420 15% 2%
大腸癌 240 32% 6%
腹膜偽粘液腫 825 83% 45%
小腸癌 28 50% 15%
膵・胆管癌 31 22% NR
悪性中皮腫 32 54% 8%
卵巣癌 142 73% 49%
肉腫 15 38% 0%

図-6:胃癌腹膜播種症例の術後生存曲線

図-8:大腸癌腹膜播種例の術後生存期間

図-9:虫垂癌腹膜偽粘液腫の生存率

図-10:卵巣癌・原発性腹膜癌の術後生存曲線

図-11: 小腸癌腹膜播種例の術後生存曲線

図-12: 悪性腹膜中皮腫の術後生存曲線

図-13: 腹膜播種を有する肉腫症例の術後生存曲線